人間国宝・その他コレクション

mouse写真をマウスでクリックすると拡大します。コレクション名をクリックすると作品の色々な写真が見られます。

—————-藤原啓 備前 手付花入——————————————————————————————–

藤原啓備前手付花入mouse人間国宝 藤原啓 作 備前 手付花入    <作家紹介>

共箱    サイズ:最大径 24センチ 最小径 21センチ 縁高 4センチ 取手高 10センチ

状態:ひび欠け無く完品。底に窯印あり。

箱書きには手付花入とありますが手付の皿です。侘び寂びが感じられる古備前と間違えるほどの出来栄えで藤原啓の本領が十二分に発揮された作品です。

—————-金重陶陽 備前緋襷水差———————————————————————————————

金重陶陽備前緋襷水差mouse人間国宝 金重陶陽 作 備前緋襷水差    <作家紹介>

共箱 共布 しおり サイズ:口径 9センチ 最大胴径 20センチ 高さ20センチ 底径 12センチ

状態:ひび欠け無く完品。底に「ト」の掻き銘あり。

艶やかな緋襷が見事に掛かった陶陽の傑作です。大振りのこの水差しは茶席での存在感があります。

—————-金重陶陽 備前花入————————————————————————————————-

mouse人間国宝 金重陶陽 作 備前花入    <作家紹介>

共箱 共布 しおり サイズ:口径 6.0センチ 最大胴径 13.0センチ 高さ22.0センチ 底径 10.0センチ

状態:ひび欠け無く完品。底に「ト」の掻き銘あり。

現在では取れない、ねっとりとした備前の田圃の土を使った、古備前焼きと見紛う花入れです。灰の掛かりもほど良く、活けた花が引き立つ花入れです。

—————-河井寛次郎 呉洲辰砂 香爐————————————————————————————–

河井寛次郎 呉洲辰砂 香爐mouse河井寛次郎 作 呉洲辰砂 香爐    <作家紹介>

共箱 共布 サイズ:口径 10センチ 高さ 19センチ 胴径 12.5センチ 高台径 9センチ

状態:ひび欠け無く完品。香爐の蓋に薄い汚れがみられる。

寛次郎独特の色使いで辰砂の赤紫と呉洲の深い青がマッチした独創的なフォルムの香爐です。胴に陽刻された牡丹にも辰砂が掛かり美しい香爐に仕上がっています。大振りなので広間の床の間に飾ってもその存在感が有り余ります。

—————-河井寛次郎 香爐—————————————————————————————————-

河井寛次郎 香爐mouse河井寛次郎 作 香爐    <作家紹介>

共箱 共布 サイズ:口径 10.5センチ 高さ 15センチ 胴径 14センチ 高台径 9センチ

状態:ひび欠け無く完品。

青銅器のような重厚な色合いと形を陶器に写し取った美しいフォルムの香爐です。繊細な細工が施されたこの香爐には寛次郎の息吹が感じられます。

—————-荒川豊蔵 志野 茶碗———————————————————————————————-

荒川豊蔵 志野茶碗mouse人間国宝 荒川豊蔵 作 志野 茶碗    <作家紹介>

共箱 共布 仕覆 サイズ:口径 11.0センチ 胴径 12.0センチ 高さ 10.5センチ 高台径 6.5センチ

状態:ひび欠け無く完品。高台脇に「斗」の書き銘あり。箱裏に裏千家15代鵬雲斎の花押があります。

大振りで多少重めの存在感のある志野茶碗です。荒川豊蔵は志野と瀬戸黒の重要無形文化財保持者(人間国宝)に認定されており、この茶碗も人間国宝の名に恥じない荒々しくも見事な志野の作品です。釉薬を掛けるときの指跡が景色となり、豊蔵の茶碗に対する造詣の深さが伺えます。大振りなこの茶碗は濃茶の茶碗に合います。

—————-荒川豊蔵 志野 茶碗———————————————————————————————-

荒川豊蔵 絵志野 茶碗mouse人間国宝 荒川豊蔵 作 志野 茶碗    <作家紹介>

共箱 共布    サイズ:口径 11.8センチ 高さ 9.5センチ 高台径 7.0センチ

状態:ひび欠け無く完品。高台脇に「斗」の書き銘あり。

大振りで多少重めの存在感のある志野茶碗です。さりげない梅の絵付けが茶碗を引き立てています。釉薬を掛けるときの指跡が景色となり、豊蔵の茶碗に対する造詣の深さが伺えます。

—————-荒川豊蔵 鼠志野 茶碗——————————————————————————————–

mouse人間国宝 荒川豊蔵 作 鼠志野 茶碗    <作家紹介>

共箱 共布    サイズ:口径 11.5センチ 高さ 9.0センチ 高台径 6.5センチ

状態:ひび欠け無く完品。高台脇に「斗」の書き銘あり。

多少持ち重りのする鼠志野の茶碗です。荒々しい釉薬の流れが茶碗に存在感を増しています。豊蔵は桃山時代の志野茶碗が焼かれた同じ場所である大萱の土を使っているため、もぐさ土を使った一般的な志野茶碗よりも重たくなります。釉薬を掛けるときの指跡が景色となっています。

—————-荒川豊蔵 紅志野 茶碗——————————————————————————————–

mouse人間国宝 荒川豊蔵 作 紅志野 茶碗    <作家紹介>

共箱 共布    サイズ:口径 11.5センチ 胴径 12.5センチ 高さ 10.0センチ 高台径 6.5センチ

状態:ひび欠け無く完品。高台脇に「斗」の掻き銘あり。

淡い紅色の温かみのある茶碗です。豊蔵は桃山時代の志野茶碗が焼かれた同じ場所である大萱の土を使っているため、もぐさ土を使った一般的な志野茶碗よりも重たくなります。釉薬を掛けるときの指跡が景色となっています。

—————-荒川豊蔵 紅志野 茶碗A——————————————————————————————

mouse人間国宝 荒川豊蔵 作 紅志野 茶碗A    <作家紹介>

共箱 共布    サイズ:口径 11.0センチ 胴径 11.8センチ 高さ 10.0センチ 高台径 6.3センチ

状態:ひび欠け無く完品。高台脇に「斗」の掻き銘あり。

淡い紅色の温かみのある茶碗です。豊蔵は桃山時代の志野茶碗が焼かれた同じ場所である大萱の土を使っているため、もぐさ土を使った一般的な志野茶碗よりも重たくなります。釉薬を掛けるときの指跡が景色となっています。

—————-荒川豊蔵 鼠志野 水指——————————————————————————————–

荒川豊蔵 鼠志野 水指mouse人間国宝 荒川豊蔵 作 鼠志野 水指 銘「瑞松」    <作家紹介>

共箱 共布 サイズ:口径(内径) 12.3センチ (外径) 16.0センチ 胴径 18.0センチ 高さ 18.2センチ 底径 17.5センチ

状態:ひび欠け無く完品。底に「斗」の書き銘あり。箱裏に表千家15代即中斎の銘で「瑞松」とあります。塗蓋の裏に即中斎の花押が書かれています。塗蓋は経年による汚れ塗の剥げがあります(塗りの剥げは修正済)。

荒ららしくも堂々とした、存在感の有り余る志野水指です。塗り蓋の剥げ具合や器胎の経年変化から想定して、かなり使い込まれ愛用されてきた水指です。この水指一つでお茶席の緊張感が高められます。

—————-荒川豊蔵 志野 水指———————————————————————————————-

mouse人間国宝 荒川豊蔵 作 志野 水指    <作家紹介>

共箱 共布 サイズ:口径(内径) 10.0センチ 胴径 19.0センチ 高さ 17.0センチ 底径 15.0センチ

状態:ひび欠け無く完品。底に「斗」の書き銘あり。経年の汚れがあります。

薄紅色の志野焼きで、やさしさの中にもきりっとした心の強さが感じられる水指の優品です。いつの季節にもお使いできます。

—————-荒川豊蔵 紅志野 水指——————————————————————————————–

荒川豊蔵 紅志野水指mouse人間国宝 荒川豊蔵 作 紅志野 水指 銘「松雪」    <作家紹介>

共箱 共布 サイズ:口径 11.0センチ 胴径 14.0センチ 高さ 19.5センチ 底径 9.0センチ

状態:ひび欠け無く完品。底に「斗」の書き銘あり。箱裏に裏千家15代鵬雲斎の銘で「松雪」とあります。塗蓋の裏に鵬雲斎の花押が書かれています。

薄紅色の美しい志野水指です。サイズ的には細水指になります。志野の長石釉と紅志野釉、もぐさ土が合いみまって美しい紅志野を発色しています。豊蔵の手にかかるとかくも美しい作品ができるのかと感嘆します。細水指は10月のお茶会のみに使われるお道具です。名残の茶会ですが、このような華やかな水指を使うのも味なものです。

—————-荒川豊蔵 瀬戸肩衝 茶入—————————————————————————————–

荒川豊蔵 瀬戸肩衝茶入mouse人間国宝 荒川豊蔵 作 瀬戸肩衝 茶入    <作家紹介>

共箱 仕覆 サイズ:口径 3.0センチ 胴径 5.3センチ 高さ 8.5センチ 底径 4.5センチ

状態:ひび欠け無く完品。底に「斗」の書き銘あり。箱裏に表千家即中斎の花押があります。上質な象牙蓋がついています。

端正で上品な茶入れです。菱文更紗の仕覆に収まっており、どの季節のお茶会にも使えます。

—————-荒川豊蔵 黄瀬戸 汲出——————————————————————————————–

荒川豊蔵 黄瀬戸汲出しmouse人間国宝 荒川豊蔵 作 黄瀬戸 汲出し    <作家紹介>

共箱    サイズ:口径 8.5センチ 高さ 6.5センチ 高台径 4.3センチ

状態:ひび欠け無く完品。高台内に「斗」の書き銘あり。

共箱の具合から見るとかなり前作の作品と思われます。名人、荒川豊蔵の器量が伺われる侘びた黄瀬戸に仕上がっています。

—————-富本憲吉 色絵金彩羊歯文 壺————————————————————————————

富本憲吉 色絵金彩羊歯文壷mouse人間国宝 富本憲吉 作 色絵金彩羊歯文 壺    <作家紹介>

共箱 仕覆  サイズ:口径 12.6センチ 高さ 21.8センチ 胴径 27センチ 底径 14.6センチ

状態:ひび欠け無く完品。底に「富」の書き銘あり。

富本憲吉の代表作である羊歯文を連続でデザインした美しい作品です。壷の白い地膚に羊歯模様を赤絵で描き、一度錦窯で定着させた上で羊歯模様を4個単位で石畳み模様に赤絵の上を金彩で覆っています。この技法は憲吉の創案で「カキオコシ」と呼ばれています。当作品はこの種の壷の中でも際立って格調高い秀作で、同様の作品が京都国立近代美術館に収蔵されています。また、集英社の「現代日本陶芸集 富本憲吉」に収録され、ハードカバーにも掲載されています。昭和35年(1960)の作品です。

—————-富本憲吉 色絵金彩羊歯文 飾壺————————————————————————————

富本憲吉 色絵金彩羊歯文壷mouse人間国宝 富本憲吉 作 色絵金彩羊歯文 飾壺    <作家紹介>

合箱 仕覆  サイズ:口径 12.5センチ 高さ 22.0センチ 胴径 26.5センチ 底径 13.0センチ

状態:ひび欠け無く完品。底に「富」の書き銘あり。

富本憲吉の代表作である羊歯文を連続でデザインした美しい作品です。壷の白い地膚に羊歯模様を赤絵で描き、一度錦窯で定着させた上で羊歯模様を4個単位で石畳み模様に赤絵の上を金彩で覆っています。この技法は憲吉の創案で「カキオコシ」と呼ばれています。当作品はこの種の壷の中でも際立って格調高い秀作で、同様の作品が京都国立近代美術館に収蔵されています。また、集英社の「現代日本陶芸集 富本憲吉」に収録され、ハードカバーにも掲載されています。昭和35年(1960)の作品です。

—————-富本憲吉 色絵竹更紗模様 瓢形大壺—————————————————————————-

mouse人間国宝 富本憲吉 作 色絵竹更紗模様 瓢形大壺    <作家紹介>

共箱 仕覆  サイズ:口径 12.5センチ  高さ 30.0センチ 胴径 28.0センチ 底径 17.0センチ

状態:ひび欠け無く完品。底に「富」の書き銘あり。

竹の文様と更紗文様を合わせた富本憲吉オリジナルな色絵文様の大壷です。置物としても重厚で存在感があり、大変立派な美術館級の作品です。これと同じ作品は集英社「現代日本陶芸集 富本憲吉」に掲載されており、また、富本憲吉記念館に収蔵されています。1945年の作品です。

—————-富本憲吉 色絵金銀彩四弁花文 蓋付壺————————————————————————-

富本憲吉 色絵金銀彩花文 蓋付壷mouse人間国宝 富本憲吉 作 色絵金銀彩四弁花文 蓋付壺    <作家紹介>

共箱 仕覆  サイズ:口径 17.5センチ  高さ 16.0センチ 胴径 26センチ 底径 16.0センチ

状態:ひび欠け無く完品。底に「富」の書き銘あり。

富本憲吉の代表作である四弁花文を連続でデザインした豪華絢爛な作品です。塗り蓋を合わせ水指に見立ており、お茶の席でも魅力的な道具としてお使いできます。置物としても重厚で存在感があり大変立派な作品です。この作品と同様な蓋付壷は集英社「現代日本陶芸集 富本憲吉」に掲載されています。昭和33年(1958)の作品です。

—————-富本憲吉 色絵金銀彩四弁花文 蓋付壺A———————————————————————–

富本憲吉 色絵金銀彩四弁花文蓋付壷mouse人間国宝 富本憲吉 作 色絵金銀彩四弁花文 蓋付壷A    <作家紹介>

共箱 仕覆  サイズ:口径 17.5センチ  高さ 20.5センチ 胴径 25.5センチ 底径 15.0センチ

状態:ひび欠け無く完品。底に「富」の書き銘あり。

富本憲吉の代表作である四弁花文を連続でデザインした豪華絢爛な作品です。重厚で存在感があり大変立派な作品です。この作品と同様な蓋付壷は集英社「現代日本陶芸集 富本憲吉」に掲載されています。昭和35年(1960)の作品です。

—————-富本憲吉 赤地花文 壺——————————————————————————————–

OLYMPUS DIGITAL CAMERAmouse人間国宝 富本憲吉 作 赤地文 壺    <作家紹介>

共箱    サイズ:口径 17.3センチ 最小胴径 11センチ 高台径 11.5センチ 高さ 25.5センチ

状態:ひび欠け無く完品。底に「富」の書き銘あり。

朱色で描かれた花唐草がウィリアム・モリスのデザインに似ており富本憲吉の表現力の高さが伺われる作品です。 置物としても重厚で存在感があり、花を生けても花が映える花器となります。

—————-富本憲吉 黄文花鳥絵 花瓶—————————————————————————————

mouse人間国宝 富本憲吉 作 黄文花鳥絵花瓶    <作家紹介>

共箱    サイズ:高さ 26.0センチ 胴径 20.0センチ 高台径 14.0センチ

状態:ひび欠け無く完品。底に「富」の書き銘あり。

富本憲吉としては大変珍しい作品で、白磁に黄色の釉で花鳥文が絵付けされている花瓶です。どの作品集にも掲載されていない作品ですが、東京美術倶楽部の鑑定書付で富本の真作です。昭和27年製作の作品。

—————-富本憲吉 色絵四角瓜文 花瓶————————————————————————————

mouse人間国宝 富本憲吉 作 色絵四角瓜文花瓶    <作家紹介>

共箱    サイズ:高さ 36.5センチ 胴径 15.0センチ 高台径 13.0センチ

状態:ひび欠け無く完品。底に「富」の書き銘あり。

富本憲吉としては大変珍しい作品で、変形した四角い白磁の器胎に淡い釉薬で瓜と鳥が日本画のように絵付けされている見事な花瓶です。どの作品集にも掲載されていない昭和18年製作の作品です。

—————-富本憲吉 色絵円文八角皿—————————————————————————————–

富本憲吉 色絵円文八角皿mouse人間国宝 富本憲吉 作 色絵円文八角皿   <作家紹介>

識箱    サイズ:口径 23.0~24.0センチ 高さ 3.5センチ 高台径 13.2センチ

状態:ひび欠け無く完品。底に「富」の書き銘あり。富本憲吉の弟子である人間国宝の藤本能道の識箱に入っています。

鮮やかな色彩の富本憲吉ならではの皿です。飾り皿としても実用的な皿としても使えます。高台内の「富」の書き銘は左文字であり、作品集にも掲載されている昭和26年製作の絵皿です。

—————-富本憲吉 色絵行雲流水花鳥文九角皿—————————————————————————-

mouse人間国宝 富本憲吉 作 色絵行雲流水花鳥文九角皿   <作家紹介>

合箱    サイズ:口径 28.0センチ 高さ 4.5センチ 高台径 16.0センチ

状態:ひび欠け無く完品。底に「富」の書き銘あり。

鮮やかな色彩の富本憲吉ならではの皿です。飾り皿としても実用的な皿としても使えます。作品集には同様な絵付けが施された皿が掲載されています。昭和18年製作の作品。

—————-富本憲吉 色絵花鳥文 皿—————————————————————————————–

富本憲吉 色絵花鳥文皿mouse人間国宝 富本憲吉 作 色絵花鳥文 皿    <作家紹介>

共箱   サイズ:直径 31.5センチ 高さ 4.7センチ 高台径 20.0センチ

状態:ひび欠け無く完品。底に「富」の書き銘あり。

共箱 仕覆  サイズ:口径 12.6センチ 高さ 21.8センチ 胴径 27センチ 底径 14.6センチ

状態:ひび欠け無く完品。底に「富」の書き銘あり。

九谷焼のデザインの花鳥画を華やかに描いた見事な大皿です。昭和11年(1936)の作品で、この年、憲吉は九谷の北出塔次郎の窯で数か月製作しています。飾り皿としてはもとより、晴れの日の器としてお使いできます。

—————-富本憲吉 九谷色絵花丸紋茶碗————————————————————————————

富本憲吉 九谷色絵花丸紋 茶碗mouse人間国宝 富本憲吉 作 九谷色絵花丸紋 茶碗   <作家紹介>

共箱    サイズ:口径 10.0センチ 高さ 9.0センチ 高台径 5.8センチ

状態:側面に多少の釉薬の縮れが見受けられます。底に「富」の書き銘あり。

落ち着いた文様の小振りな筒茶碗です。春めいた季節のお茶席にぴったりの茶碗です。高台内の「富」の書き銘は昭和11年(1936年)の作品です。

—————-富本憲吉 於九谷 金襴手香合————————————————————————————

富本憲吉 金襴手香合mouse人間国宝 富本憲吉 作 於九谷金襴手香合  <作家紹介>

共箱 共布 サイズ:胴径 7.0センチ 高さ 2.7センチ 高台径 4.0センチ

状態:ひび欠けなく完品。底に「富」の陶印あり。

繊細かつ豪華絢爛な、松竹梅絵柄の金襴手香合です。富本憲吉は昭和11年と16年に九谷の北出塔次郎の工房におもむき作陶を行っています。この作品は九谷の北出塔次郎の窯で焼かれたものと思われます。憲吉50代の作品は作意に満ちており、代表作の四弁花文の意匠もこの頃考案されました。華やかなこの香合は初釜のお茶席に用いたいです。

—————-富本憲吉 赤地金銀彩蕎麦文香炉———————————————————————————-

mouse人間国宝 富本憲吉 作 赤地金銀彩蕎麦文香炉  <作家紹介>

共箱   サイズ:胴径 10.4センチ 高さ 9.0センチ 口径 6.6センチ

状態:ひび欠けなく完品。底に「富」の陶印あり。

赤地に金銀彩が施された愛らしい香合です。

—————-加藤唐九郎 織部 異形皿—————————————————————————————–

加藤唐九郎織部異形皿mouse加藤唐九郎 作 織部 異形皿    <作家紹介>

共箱    サイズ:最大幅 39センチ 最小幅 33センチ 高台径 26センチ 高さ 5.5センチ

状態:ひび欠け無く完品。底に「一ム」の掻き銘あり。

異形皿と銘されるように斬新なデザインの形に変化の富んだ織部釉が素晴らしい景色を見せています。高台もさすがに唐九郎とうならせる造りになっています。見事と言えるこの皿には中華料理やお造りを盛り合わせると良いでしょう。

—————-加藤唐九郎 志野 尺二皿 銘「朝陽」—————————————————————————-

加藤唐九郎志野尺二皿mouse加藤唐九郎 作 志野 尺二皿 銘「朝陽」    <作家紹介>

共箱    サイズ:直径 39センチ 高台径 21センチ 高さ 8センチ

状態:ひび欠け無く完品。底に「玄」の掻き銘あり。「朝陽」と銘々され、唐九郎の花押が書かれています。

白い志野釉に鼠色の釉薬が力強く施されており、「朝陽」と銘されるように朝焼けの空と雲が表されているように見えます。志野焼に使われる最高の土が使われており、高台の土見せが肌色に美しく発色しています。この作品は料理に使うのではなく飾り皿として用いられ、余りある存在感が伺われます。

—————-加藤唐九郎 黄瀬戸 蕪 銅鑼鉢———————————————————————————

加藤唐九郎 黄瀬戸 蕪 銅鑼鉢mouse加藤唐九郎 作 黄瀬戸 蕪 銅鑼鉢    <作家紹介>

共箱    サイズ:直径 19.5センチ 高さ 5.5センチ 高台径 10.5センチ 内径 10.5センチ

状態:ひび欠け無く完品。底に「唐」の窯印あり。

黄瀬戸の名手唐九郎らしく古作と見紛うばかりの繊細な銅鑼鉢です。小振りですが何を盛っても合う器です。懐石料理の器として用いれば味わい深いお茶席になります。

—————-加藤唐九郎 あけぼの志野 茶碗 銘「春曙」——————————————————————–

加藤唐九郎 あけぼの志野茶碗 銘「春曙」mouse加藤唐九郎 作 あけぼの志野 茶碗 銘「春曙(しゅんしょ)」    <作家紹介>

共箱 共布 仕覆 サイズ:口径 12.0センチ 高さ 9.0~9.5センチ 高台径 7.0せんち

状態:ひび欠け無く完品。高台脇に「一ム」の掻き銘あり。

唐九郎独特の薄茜色に発色し変化にとんだ美しい志野茶碗です。この志野茶碗を「あけぼの志野」と名付けています。銘の「春曙」とは春のあけぼのの事で早春の朝焼けの空のごとく淡い色彩の名碗です。大振りですが軽いもぐさ土で焼かれており、薄茶を頂くのが楽しくなる茶碗です。銘の「春曙」ですが、唐九郎は同じ銘の茶碗をいくつも焼いています。平成16年に松坂屋で開催された「没後20年荒川豊蔵と加藤唐九郎」の出品作の「春曙」の箱書きの写真を添付しました。当作品の箱書きと全く同じものです。

—————-加藤唐九郎 志野 茶碗 銘「雲峯」——————————————————————————

mouse加藤唐九郎 作 志野 茶碗 銘「雲峯」    <作家紹介>

共箱 共布 仕覆 サイズ:口径 12.0~12.5センチ 高さ 9.5~10.2センチ 高台径 7.0~7.8センチ

状態:ひび欠け無く完品。高台脇に「一ム」の掻き銘あり。

変化にとんだ景色を見せる堂々とした志野茶碗です。大振りですが軽いもぐさ土で焼かれており、薄茶を頂くのが楽しくなる茶碗です。銘は「雲峯」とあります。蓋裏に昭和12年の作と書いてあります。昭和12年と言えば唐九郎39歳の年で、唐九郎の名著「陶器大辞典」が完結した翌年です。重文に指定されたが、後に唐九郎の作った贋作ではないかと言われた、「永仁の壷」事件の問題の作品が作られたのも昭和12年です。この茶碗は、唐九郎が血気盛んな頃の作品で、力強さがみなぎっている作品です。

—————-加藤唐九郎 鼠志野 茶碗—————————————————————————————–

加藤唐九郎 鼠志野 茶碗mouse加藤唐九郎 作 鼠志野 茶碗    <作家紹介>

共箱 共布 仕覆 サイズ:口径 10.0~14.0センチ 高さ 8.5~8.8センチ 高台径 6.0~6.8センチ

状態:ひび欠け無く完品。高台脇に「一ム」の掻き銘あり。

桃山時代の鼠志野茶碗を彷彿させる唐九郎の見事な茶碗です。やや薄手で沓型のこの茶碗はお茶がいただきやすいように飲み口が作られており、美味しくお茶を喫せます。

—————-加藤唐九郎 黄瀬戸 茶碗—————————————————————————————–

加藤唐九郎 黄瀬戸茶碗mouse加藤唐九郎 作 黄瀬戸 茶碗    <作家紹介>

共箱 共布 サイズ:口径 10.5~11.0センチ 高さ 8.7~9.5センチ 底径 8.0センチ

状態:ひび欠け無く完品。底に「一ム」の掻き銘あり。

唐九郎の黄瀬戸は桃山時代の黄瀬戸を彷彿させる力強い作りです。

—————-加藤唐九郎 志野 茶碗——————————————————————————————-

加藤唐九郎 志野茶碗 銘「無一物」mouse加藤唐九郎 作 志野 茶碗 銘「無一物」    <作家紹介>

共箱 共布 仕覆 サイズ:口径 11.5センチ 高さ 8.3センチ 高台径 6.1~6.6センチ

状態:ひび欠け無く完品。高台脇に「唐九郎」の掻き銘あり。

ほのぼのとした志野茶碗です。多少持ち重りがしますが風格が感じられます。

—————-加藤唐九郎 織部 茶入 銘「枯野」——————————————————————————

加藤唐九郎 織部 茶入mouse加藤唐九郎 作 織部 茶入 銘「枯野」    <作家紹介>

共箱 象牙蓋 仕覆 サイズ:口径 3.5センチ 高さ 10.7センチ 胴径 6.5センチ 底径 4.5センチ

状態:ひび欠け無く完品。底に「一ム」の掻き銘あり。「枯野」と銘々され、屋久杉で作られた共箱に入っています。

茶色の織部釉が施されており、「枯野」と銘されるように大らかで侘びた景色に造られています。底には力強い糸切と使いこまれた土見せが時代を感じさせます。この茶入れは小さいながらも堂々とした風情は唐九郎の力量があふれています。仕覆には薊地の金襴が使われており、侘びた茶入れに合った渋みのある豪華さを見せています。

—————-加藤唐九郎 志野 香合——————————————————————————————–

加藤唐九郎 志野 香合mouse加藤唐九郎 作 志野 香合    <作家紹介>

共箱    サイズ:直径 7センチ 底径 4.7センチ 高さ 2.6センチ

状態:ひび欠け無く完品。底に「唐」の窯印あり。

温かみのある志野の釉薬に萌いづる蕨の絵が生命力豊かに描かれています。志野の釉薬が春の野の土のように感じられる珠玉の香合です。

—————-加藤唐九郎 織部 酒盃——————————————————————————————–

加藤唐九郎 織部 酒盃mouse加藤唐九郎 作 織部 酒呑    <作家紹介>

共箱 共布 サイズ:直径 6.0~7.3センチ 高さ 4.5センチ 高台径 3.8~4.2センチ

状態:ひび欠け無く完品。底に「唐」の窯印あり。

小さい作品ながら抹茶碗のごとく大きく見える織部の酒盃です。絵付け、形ともに素晴らしい作品です。

—————-板谷波山 彩磁延寿文 花瓶—————————————————————————————-

mouse板谷波山 作 彩磁延寿文 花瓶    <作家紹介>

共箱    サイズ:高さ 35.0センチ 口径 20.5センチ 胴径 35.5センチ 高台径 18.0センチ

状態:ひび欠け無く完品。底に「波山」の印あり。

板谷波山の代表作の一つで大きく堂々とした壷です。同様の作品が出光美術館に収蔵されています。春鼎庵が収蔵している作品は出光美術館の作品に比べ彩色が濃く、作品の完成度としては低いです。このような作品は作るのが非常に難しく、完成までには何点か同じものが作られたと思います。いずれにしても素晴らしい作品には間違いがありません。

—————-板谷波山 碧緑釉 壺———————————————————————————————-

板谷波山碧緑釉壷mouse板谷波山 作 碧緑釉 壺    <作家紹介>

共箱 共布 サイズ:高さ 23センチ 口径 9.5センチ 胴径 24センチ 高台径 14センチ

状態:ひび欠け無く完品。底に「波山」の印あり。

辰砂と同様に非常に困難な焼き物のひとつと言われる碧緑釉の壷です。波山の作品はどれも完璧でありこの壷も精緻な飛び鉋の模様がびっちりと正確に刻まれています。完璧なまでに美しい碧緑釉が玉(ぎょく)のごとく深い色合いで輝いているこの壷はまさに板谷波山ならではの作品です。

—————-板谷波山 青瓷 水差———————————————————————————————-

板谷波山青瓷水差mouse板谷波山 作 青瓷 水差    <作家紹介>

共箱 共布 サイズ:高さ 12センチ 口径 17センチ 胴径 21センチ 高台径 11センチ

状態:ひび欠け無く完品。塗蓋の取っ手に漆の剥げがありますが使用には差し支えはありません。底に「波山」の陶印あり。

吸い込まれるような砧青瓷が美しい水差しで、ほどよい大きさと美しいフォルムをしています。南宋の青磁を彷彿させるこの水差しは真の茶会に用いれば緊張感のある茶席が演出出来ます。

—————-板谷波山 白磁網目透 獅子香炉———————————————————————————–

mouse板谷波山 作 白磁網目透 獅子香炉    <作家紹介>

共箱 共布 サイズ:高さ 18.0センチ 胴径 10.5センチ 底径 6.0センチ

状態:ひび欠け無く完品。底に「波山」の陶印あり。

一点の非の打ちどころもない美しい白磁の香炉です。緻密で繊細な網目の細工は本当に見事で、波山の技術と格調の高さが感じられる作品です。

—————-板谷波山 青瓷 蓮弁香炉——————————————————————————————

板谷波山 青瓷蓮弁香炉mouse板谷波山 作 青瓷 蓮弁香炉    <作家紹介>

共箱 共布 サイズ:高さ 9.0センチ(13.0センチ蓋まで) 口径 9.0センチ 胴径 12.5センチ

状態:ひび欠け無く完品。底に「波山」の陶印あり。

雨過天晴、透明感のある砧青瓷の香炉です。完璧さを求めた波山ならではの美しいフォルムをしています。

—————-板谷波山 均窯釉 天目茶碗————————————————————————————–

板谷波山 均窯釉天目茶碗mouse板谷波山 作 均窯釉 天目茶碗    <作家紹介>

共箱 共布 仕覆 サイズ:口径 12.5センチ 高さ 6.5センチ 高台径 3.8センチ

状態:ひび欠け無く完品。底に「波山」の陶印あり。

金の覆輪がほどこされた高貴な薄紫色の天目茶碗です。中国宋代の鈞窯茶碗を彷彿させる波山ならではの見事な茶碗です。天目茶碗は一般のお茶会では用いられませんが、凛とした姿の茶碗は見ているだけで気持ちが落ち着きます。

—————-板谷波山 肩衝 茶入———————————————————————————————-

板谷波山 肩衝茶入mouse板谷波山 作 肩衝 茶入    <作家紹介>

共箱 共布 仕覆 サイズ:口径 2.5センチ 高さ 8.0センチ 胴径 5.8センチ 底径 3.7センチ

状態:ひび欠け無く完品。底に「波山」の陶印あり。

端正な形の肩衝茶入れです。いつの季節にも使えます。

—————-板谷波山 青瓷 青海波大皿—————————————————————————————

板谷波山青瓷青海波大皿mouse板谷波山 作 青瓷 青海波大皿    <作家紹介>

共箱 共布 サイズ:直径 34センチ 高さ 4.5センチ 高台径 20センチ

状態:ひび欠け無く完品。底に「波山」の陶印あり。

精緻に青海波が彫り込まれた透きとおる様な美しい青磁の大皿です。この作品も完璧であり一点の揺るぎのない青磁の大皿は飾ってもよし、お造りを盛り合わせてもよし、中華料理を盛っても映える使いやすい大皿です。

—————-板谷波山 掻落草花紋 鉢—————————————————————————————–

OLYMPUS DIGITAL CAMERAmouse板谷波山 作 掻落草花紋 鉢    <作家紹介>

共箱 共布 サイズ:口径 22センチ 高さ 7.5センチ 高台径 7.3センチ

状態:ひび欠け無く完品。底に「波山」の印あり。

器を鋭利に掻き取り草花を描いた鉢です。器の内側と外側は釉薬を掛け分けておりその分け目は完璧なまでに正確です。草花は鋭い線で一分のの狂いもなく描かれ正に波山の仕事です。この器にはどのような料理を盛っても映えます。

—————-板谷波山 青磁 牡丹陰刻鉢—————————————————————————————–

板谷波山 青磁牡丹陰刻鉢mouse板谷波山 作 青磁 牡丹陰刻鉢    <作家紹介>

共箱 共布 サイズ:口径 18.5センチ 高さ 8.7センチ 高台径 7.0センチ

状態:ひび欠け無く完品。底に「波山」の印あり。

吸い込まれるような青く透明な砧青磁の鉢です。器の内側に牡丹が精緻な陰刻線で描かれています。この器にはどのような料理を盛っても映えます。

—————-板谷波山 草花紋象嵌鉢——————————————————————————————–

mouse板谷波山 作 草花紋象嵌鉢    <作家紹介>

共箱 共布 サイズ:口径 18.5センチ 高さ 8.8センチ 高台径 7.5センチ

状態:ひび欠け無く完品。底に「波山」の印あり。

薄い水色とも言える微妙な青さを含んだ青白磁の器胎に唐草を白土で象嵌した大変緻密でデリケートな鉢です。さすがに板谷波山の仕事は違うと思わざるを得ない作品です。懐石の器としてどのような料理を盛っても映えます。

—————-板谷波山 瑠璃彩 鉢———————————————————————————————-

板谷波山 瑠璃彩 菓子鉢mouse板谷波山 作 瑠璃彩 鉢    <作家紹介>

共箱 共布 サイズ:口径 21.7センチ 高さ 10.7センチ 胴径 22.7センチ 高台径 12.3センチ

状態:ひび欠け無く完品。口縁の金彩に擦れあり。底に「波山」の陶印あり。

古代より崇められてきた聖なる石「ラピスラズリ」のように神秘的で深く吸い込まれるような色彩の鉢です。過去、現在においてこのような陶磁器を作った陶芸家はいたでしょうか?見る者を圧倒する真に素晴らしい瑠璃釉の完璧な器です。

—————-板谷波山 扇面 皿————————————————————————————————-

OLYMPUS DIGITAL CAMERAmouse板谷波山 作 扇面 皿    <作家紹介>

共箱 共布 サイズ:横 28センチ 縦 20.5センチ 高さ 2.5センチ

状態:ひび欠け無く完品。底に「波山」の印あり。

扇面の皿に緑釉がぼってりと雲模様に掛けられています。この美しい皿にはお造りを盛っても良し、懐石の香の物を盛っても素敵です。

—————-石黒宗麿 柿釉 水指———————————————————————————————-

石黒宗麿柿釉水差mouse人間国宝 石黒宗麿 作 柿釉 水指    <作家紹介>

清水卯一識箱    サイズ:口径 15センチ 胴径 19センチ 高さ 21センチ 底径 13センチ

状態:口縁に2箇所ひびがあり金繕いしてあります。底に「宗麿」の陶印あり。

幽玄な美しさを秘めた味わい深い水差しです。人間国宝で弟子の清水卯一の識箱になっています。この侘びた水指は名残のお茶席に使いたいです。

—————-石黒宗麿 瀬戸 一重口水指—————————————————————————————

石黒宗麿 瀬戸一重口水指mouse人間国宝 石黒宗麿 作 瀬戸 一重口水指    <作家紹介>

共箱    サイズ:口径 15.0センチ 高さ 14.7センチ 底径 10.5センチ

状態:ひび欠けなく完品。底に「宗麿」の陶印あり。

こげ茶と黒の釉薬がグラデーションとなった渋く侘びた瀬戸釉の水指です。水指は国焼の水指を「真・行・草」の中で「行」の格付として扱い、その中でも最も格の高いものとして「瀬戸一重口水指」を最上としています。宗麿の水指は格調が高く、他の追従を許さない孤高の作品です。

—————-石黒宗麿 竹釉 瓶————————————————————————————————-

石黒宗麿竹釉瓶mouse人間国宝 石黒宗麿 作 竹釉 瓶    <作家紹介>

小山冨士夫識箱    サイズ:口径 9.5センチ 胴径 15.5センチ 高さ 23.5センチ 底径 10センチ

状態:口縁に1箇所ひびがあり金繕いしてあります。底に「宗麿」の陶印あり。

細かな貫入の入った青みがかった器胎に柿釉が掛けられ竹が蝋抜きで描かれている存在感のある花入れです。花を生けてもよし、作品だけ飾っても映えます。箱書きは陶芸家でもあり、東京帝室博物館(現国立博物館)勤務で世界的な陶磁器の研究家の小山冨士夫「古山子」の識箱になっています。

—————-棟方志功 飛天秦楽図 壷—————————————————————————————–

棟方志功 飛天秦楽図壷mouse棟方志功 作 飛天秦楽図 壷    <作家紹介>

共箱    サイズ:口径 10.5センチ 胴径 23.5センチ 高さ 25.0センチ 高台径 9.0センチ

状態:惜しくも全体的に大きく割れており接着剤で補修してあります。

棟方志功が著名な陶芸家の窯で焼いた作品です。志功特有の軽快なタッチの筆さばきで壷全体に飛天が描かれています。釉薬には呉洲と辰砂が用いられていますが、辰砂が紫色に発色しているところはごくわずかです。辰砂は非常に高度で難しい技術なので、辰砂が用いられていることからこの時代の著名な陶芸家の窯の元で作陶し焼かれた作品であると推測されます。惜しむべきは、大きく破損しており、これを金繕いで補修しようと思いましたが、志功の作品では絵が重要と考え、金繕いによって絵のバランスが崩れることを恐れ、あえて金繕いをしないことにしました。

—————-藤本能道 色絵鶉図 色絵皿————————————————————————————–

藤本能道 色絵鶉図 色絵皿mouse間国宝 藤本能道 作 色絵鶉図 色絵皿    <作家紹介>

共箱    サイズ:縦 26.5センチ 横 26.5センチ 高さ 4.2センチ 高台径 15.0センチ

状態:高台内に薄い擦り傷があります。高台内に「能」の書き銘あり。

藤本能道が得意とする花鳥画を淡い色彩によって描いています。使いやすいサイズでお茶席の焼き物を盛るには最適な器です。もちろん飾り皿としても存在感のある美術品です。

—————-藤本能道 色絵芥子 香合——————————————————————————————

藤本能道 色絵芥子香合mouse間国宝 藤本能道 作 色絵芥子 香合    <作家紹介>

共箱 共布 サイズ:口径 4.2センチ 胴径 6.0センチ 高さ 5.0センチ 高台径 2.8センチ

状態:ひび欠けはありませんが薄い貫入が一本見受けられます。高台内に「能」の陶印あり。

鮮やかな色彩で芥子の花が描かれた藤本能道の香合です。愛らしい小品で、思わず手に取って眺めたくなります。

—————-藤本能道 黒釉 向付———————————————————————————————-

藤本能道 黒釉向付mouse人間国宝 藤本能道 作 黒釉 向付    <作家紹介>

共箱    サイズ:口径 12.0センチ 高さ 6.0センチ 高台径 6.0センチ

状態:ひび欠け無く完品。高台内に「能」の書き銘あり。

藤本能道の作品は白磁に色絵で花鳥が描かれた作品がほとんどであるが、このような黒釉の作品は珍しい。なんの変哲のない器ではあるが小鉢あるいは小振りの向付として気軽に使えます。

—————-川喜田半泥子 信楽 水指 銘「鬼桶」————————————————————————–

川喜田半泥子 信楽水指 銘「鬼桶」mouse川喜田半泥子 作 信楽 水指 銘「鬼桶」    <作家紹介>

共箱    サイズ:口径 20.0センチ 高さ 14.5センチ 底径 14.0センチ

状態:ひび欠け無く完品。底に「泥」の陶印あり。

赤く良く焼けた信楽の胎土に自然釉が見事に掛かった水指です。「鬼桶」と銘されたように荒々しくも気品に満ちた素晴らしい水指です。秋から冬への侘びたお茶席に使いたいです。

—————-川喜田半泥子 志野水指 銘「山ぬし」————————————————————————–

mouse川喜田半泥子 作 志野 水指 銘「山ぬし」    <作家紹介>

共箱    サイズ:口径 8.5センチ 高さ 23.0センチ 胴径 16.0センチ 底径 15.5センチ

状態:大きな窯庇があり金繕いされています。底に「泥」の陶印あり。

蓋の摘みがフクロウを模っており、それをもって「山ぬし」と銘々されています。胴に柳が描かれており、フクロウの摘みを合わせ、荒々しくも遊び心を持たせた洒脱な水指となっています。残念ながら大きな窯庇がありますが、金繕いされており、それも一つの景色となっています。

—————-川喜田半泥子 唐津 茶碗—————————————————————————————–

川喜多半泥子 唐津 茶碗mouse川喜田半泥子 作 唐津 茶碗    <作家紹介>

共箱    サイズ:口径 13~14.2センチ 高さ 8.5センチ 高台径 6.5センチ

状態:ひび欠け無く完品。高台脇に「半」と花押の書き銘あり。銘「潮音」。

穏やかな銀鼠の釉薬と白から薄紅色へと変化する見込みが見所になっています。少しいびつに作られた形に大茶人である半泥子の遊び心を感じられます。大たっぷりした茶碗なので濃い茶のお手前に合います。

—————-川喜田半泥子 赤楽 茶碗 銘「赤松」—————————————————————————–

mouse川喜田半泥子 作 赤楽 茶碗 銘「赤松」    <作家紹介>

共箱    サイズ:口径 11.5センチ 高さ 9.0センチ 高台径 5.5センチ

状態:ひび欠け無く完品。

柔らかな色合いの赤楽茶碗です。この茶碗で薄茶を頂くと何故か穏やかな気持ちになります。

—————-10代三輪休雪(休和)萩茶碗 銘「松風和」——————————————————————

三輪休和 萩茶碗 銘「松風和」mouse人間国宝 10代三輪休雪(休和) 作 萩茶碗 銘「松風和(まつかぜなごみ)」

共箱 栞  サイズ:口径 13.5センチ 高さ 9.0センチ 高台径 6.8センチ

状態:ひび欠けなく完品。箱裏に表千家14代而妙斎の書付あり。

萩の白釉がたっぷりと掛かり、新雪が降り積もったような美しい景色となった茶碗です。大きさもほど良く、濃茶にも薄茶にもお使いできます。表千家14代而妙斎の銘により「松風和」とあります。いつの季節にもお使いできる茶碗で使い込むほどに味わいが増してきます。

—————-10代三輪休雪(休和)萩手付鉢———————————————————————————-

三輪休和萩手付鉢mouse人間国宝 10代三輪休雪(休和) 作 萩手付鉢

共箱 共布   サイズ:口径 21センチ 縁高さ 7センチ 取手高さ 15センチ 高台径 12センチ

状態:ひび欠け無く完品。底に「休雪」の陶印あり。

薄く掛けられた釉薬に萩の土が透けて見えるやわらかく上品な器です。焼き物を盛って茶懐石のお席に出せば和やかな雰囲気になります。

—————-11代三輪休雪(壽雪) 萩 平水差—————————————————————————-

三輪壽雪 萩平水指mouse人間国宝 11代三輪休雪(壽雪) 作 萩平水差    <作家紹介>

共箱 共布  サイズ:口径 22.5センチ 高さ 11.8センチ 胴径 23.5センチ 高台径 11.0センチ

状態:ひび欠け無く完品。底に「休雪」の陶印あり。

ほんのりと薄紅色の器胎に白いホタルが飛んでいる美しい萩焼の水指の名品です。萩焼では、焼成時に肌のあちこちに赤みがかった輪がまるでホタルが光っているかのようにほつほつと現れ、これを雅に「ほたるが飛ぶ」と表現します。

—————-11代三輪休雪(壽雪) 萩 水差——————————————————————————-

三輪壽雪萩水差mouse人間国宝 11代三輪休雪(壽雪) 作 萩水差    <作家紹介>

共箱 共布  サイズ:口径 13.7センチ 高さ 17.5センチ 胴径 17センチ 底径 14センチ

状態:ひび欠け無く完品。底に「休雪」の陶印あり。

美しい白色の釉薬がたっぷり掛けられた水差しです。いつの季節にも使える水差しです。

—————-11代三輪休雪(壽雪) 白萩 鉢——————————————————————————-

三輪壽雪白萩鉢mouse人間国宝 11代三輪休雪(壽雪) 作 白萩鉢    <作家紹介>

共箱 共布  サイズ:口径 26センチ 高さ 7センチ 高台径 12センチ

状態:ひび欠け無く完品。底に「休雪」の陶印あり。

102歳の長寿を全うした陶芸作家の造った端正な器です。白い釉薬が掛かった器は凛とした深雪の美しさを表しています。この器を使いこなすのは難しそうです。

—————-中島宏 青磁 壷—————————————————————————————————-

中島宏 青磁壷mouse人間国宝 中島宏 作 青磁 壷    <作家紹介>

共箱    サイズ:高さ 25.5センチ 口径 19センチ 胴径 25.5センチ 底 10.5センチ

状態:ひび欠け無く完品。底に「宏」の掻き銘あり。

青磁で国の無形文化財保持者に認定された中島宏の見事な大壷です。淡い天竜寺青磁の色彩で堂々とした姿は飾壷として圧倒的な存在感を示します。

—————-中島宏 青瓷 向付————————————————————————————————-

中島宏 青瓷向付mouse人間国宝 中島宏 作 青瓷 向    <作家紹介>

共箱 栞 サイズ:横 24.0センチ 縦 11.0センチ 高さ 2.4センチ

状態:ひび欠け無く完品。底に「宏」の陶印あり。

青磁で国の無形文化財保持者に認定された中島宏の向付5客です。中島宏特有の淡い発色で貫入の入った美しい瓢形青瓷向付です。茶懐石の器としては多少大きめですが、十分にご利用できます。

—————-井上萬二 白磁公孫樹文 菓子鉢———————————————————————————

井上萬二 白磁公孫樹文 菓子鉢mouse人間国宝 井上萬二宏 作 白磁 公孫樹文 菓子鉢    <作家紹介>

共箱 栞 サイズ:口径 19.5センチ 高さ 6.8センチ 高台径 65.5センチ

状態:ひび欠け無く完品。底に「萬二」の掻き銘あり。

白磁で国の無形文化財保持者に認定された井上萬二の美しい菓子鉢です。白磁の第一人者であり、生涯白磁を追い求めている現役の陶芸家です。井上萬二の白磁は白雪のように白く透明で見る者を魅了します。

—————-井上萬二 白磁 建水———————————————————————————————-

井上萬二 白磁建水mouse人間国宝 井上萬二 作 白磁 建水    <作家紹介>

共箱   サイズ:口径 13.7センチ 胴径 13.5センチ 高さ 8.0センチ 底径 7.5センチ

状態:ひび欠けなく完品。

白磁で国の無形文化財保持者に認定された井上萬二の美しい建水です。白磁の第一人者であり、生涯白磁を追い求めている現役の陶芸家です。井上萬二の白磁は白雪のように白く透明で見る者を魅了します。この建水は厚手の重量感のある造りです。春から夏に使用すれば、お茶席にさわやかな雰囲気を醸し出します。

—————-三浦小平二 青磁 水指——————————————————————————————–

三浦小平二 青磁水指

mouse人間国宝 三浦小平二 作 青磁水指      <作家紹介>

共箱 共布 サイズ:口径 10.5センチ 高さ 13.2センチ 胴径 13.2 底径 7.5センチ

状態:ひび欠けなく完品。底に「小」の陶印あり。

青磁で国の重要無形文化財技術保持者(人間国宝)に認定された三浦小平二の青磁水指です。小振りで丸みをおびた愛らしい姿をしており、さわやかな初春から夏の小棚のお手前に合う水指です。三浦小平二の作品は大変人気があります。

—————-三浦小平二 青磁 鉢———————————————————————————————-

mouse三浦小平二 青磁鉢人間国宝 三浦小平二 作 青磁鉢     <作家紹介>

共箱 共布  サイズ:口径 17.5センチ 高さ 8.0センチ 高台径 4.8センチ

状態:ひび欠けなく完品。高台内に「小」の陶印あり。

青磁で重要無形文化財技術保持者に認定された三浦小平二の天龍寺青磁の鉢です。古作にひけを取らない造りで透明な青磁釉が美しく輝いている秀作です。懐石の預鉢としていつの季節でもご使用できます。

—————-濱田庄司 白柿釉 花入——————————————————————————————–

濱田庄司白柿柚花入mouse人間国宝 濱田庄司 作 白柿釉 花入    <作家紹介>

共箱    サイズ:高さ 19センチ 口径 14センチ 胴径 19センチ 高台径 11.5センチ

状態:ひび欠け無く完品。

白い釉薬が掛かった器胎に鉄釉を大胆に掛け流しした花入れです。塗蓋を合せて水指にしています。

—————-濱田庄司 糠白釉 茶碗——————————————————————————————–

濱田庄司 糠白釉茶碗mouse人間国宝 濱田庄司 作 糠白釉茶碗      <作家紹介>

共箱 共布 仕覆 サイズ:口径 14.7センチ 高さ 8.0センチ 高台径 5.5センチ

状態:ひび欠けなく完品。

淡く白い釉薬が掛けられたやさしい雰囲気の茶碗です。大きさの割には軽く作られており、濃茶の茶碗としてお使いできます。

—————-近藤悠三 柘榴 鉄描鉢——————————————————————————————–

近藤悠三 柘榴 鉄描鉢mouse人間国宝 近藤悠三 作 柘榴 鉄描鉢    <作家紹介>

合箱    サイズ:口径 19.8~20.8センチ 高さ 9.0センチ 高台径 8.5センチ

状態:ひび欠け無く完品。高台内に「悠」の書き銘あり。

近藤悠三の得意とする柘榴が描かれた白釉の菓子鉢です。柘榴が実る仲秋の茶懐石の預け鉢として使えます。

—————-12代酒井田柿右衛門 濁 花鳥絵皿—————————————————————————–

mouse人間国宝 12代酒井田柿右衛門 作 濁 花鳥絵皿

共箱    サイズ:直径 27.5センチ 高さ 4.3センチ 高台径 17.5センチ

状態:ひび欠け無く完品。

桃山時代から続く名門の工房「柿右衛門窯」の12代目で国の無形文化財保有者の作品です。12代柿右衛門は途絶えてしまった濁手の手法を復元し、濁手の技法の無形文化財保有者として認定されました。この作品も濁手の素地に古典的な花鳥図を描いた名品です。

—————-加藤幸兵衛 金襴手花瓶——————————————————————————————–

mouse5代 加藤幸兵衛 作 金襴手花瓶    <作家紹介>

共箱    サイズ:口径 13.0センチ 高さ 19.0センチ 胴径 28.0 底径 20.0センチ

状態:ひび欠け無く完品。底に「幸兵衛」の陶印あり。

人間国宝 加藤卓男の父である美濃の名工、5代加藤幸兵衛の金襴手の作品です。5代幸兵衛は岐阜県陶磁器試験場長に就任し、美濃窯業界の指導者として美濃窯業界の近代化をはかり美濃焼の発展につくしました。青磁、天目、李朝写、金襴手、染付、赤絵、色絵磁器など中国陶磁器再現や乾山写などあらゆる技法を手掛け、岐阜県の無形文化財保持者に認定されました。この作品も重厚な金襴手の花瓶で幸兵衛の技術力の確かさが伺われます。

—————-加藤卓男 唐灰陶復元壷——————————————————————————————–

加藤卓男 唐灰陶復元壷mouse人間国宝 加藤卓男 作 唐灰陶復元壷    <作家紹介>

共箱 共布 サイズ:口径 14.3センチ 高さ 26.7センチ 胴径 22.0 底径 13.0センチ

状態:ひび欠け無く完品。底に「卓」の陶印あり。

唐時代の壷を復元した加藤卓男の作品です。加藤卓男は6代加藤幸兵衛を継ぎ、正倉院三彩の復元制作を委嘱され、「三彩」で国指定重要無形文化財保有者に認定されました。また、加藤卓男はペルシャのラスター彩の焼き物を復元したことで有名であり、ラスター彩が代表作となっています。この壷は若い頃の作品ですが、古陶を彷彿させる巧みな技術で復元され、作者の並々ならぬ技量を伺わせます。

—————-加藤卓男 鼠志野茶碗———————————————————————————————-

加藤卓男 鼠志野茶碗mouse人間国宝 加藤藤卓男 作 鼠志野茶碗     <作家紹介>

共箱 共布   サイズ:口径 11.8~12.2センチ 高さ 8.8~9.3センチ 高台径 6.7センチ

状態:ひび欠けなく完品。高台内に「タ」の掻き銘あり。

風になびく葦を巧みに描いた味わい深い武蔵野図、鼠志野の茶碗です。加藤卓男は六代加藤幸兵衛を継ぎ、17 世紀から途絶えていたペルシア陶器ラスター彩の再現に成功、また正倉院の三彩の復元にも成功しました。1995年に三彩の技術で無形文化財の認定を受けました。この鼠志野茶碗はやや大振りなので濃茶にも、また正客への薄茶にもご使用できます。加藤卓男の作品は大変人気があり、高額で取引されています。

—————-楠部彌弌 三島 茶碗———————————————————————————————-

楠部彌弌三島茶碗mouse楠部彌弌 作 三島 茶碗    <作家紹介>

共箱    サイズ:口径 14.3センチ 高さ 6.5センチ 高台径 5.5センチ

状態:ひび欠け無く完品。

朝鮮三島手写しの茶碗で外側に刷毛目で白い釉薬が景色になっています。大きさも丁度良くさりげなく使える茶碗です。

—————-西岡小十 唐津筒茶碗———————————————————————————————-

西岡小十 唐津筒茶碗mouse西岡小十 作 唐津筒茶碗    <作家紹介>

共箱    サイズ:口径 10.7センチ 高さ 8.5センチ 高台径 5.7センチ

状態:ひび欠け無く完品。

現代唐津焼の第一人者の西岡小十の作品です。西岡小十は古唐津再現にかけ、伝世品にない梅華皮唐津や絵斑唐津を復元し、唐津再興の祖といえる今でも人気が高い作家です。小振りな筒茶碗ですが優しく温かみのある作品です。

—————-西岡小十 絵唐津 壷———————————————————————————————–

西岡小十 絵唐津壷mouse西岡小十 作 絵唐津 壷    <作家紹介>

共箱    サイズ:口径 10.0センチ 高さ 13.0センチ 胴径 16.0センチ 高台径 7.0センチ

状態:ひび欠け無く完品。

現代唐津焼の第一人者の西岡小十の作品です。西岡小十は古唐津再現にかけ、伝世品にない梅華皮唐津や絵斑唐津を復元し、唐津再興の祖といえる今でも人気が高い作家です。端正な作品で小さいながら水指にも見立てできます。

—————-バーナードリーチ 山羊絵茶碗————————————————————————————

バーナードリーチ 山羊絵茶碗mouseバーナードリーチ 作 山羊絵茶碗    <作家紹介>

共箱    サイズ:口径 11.5センチ 高さ 9.0センチ 高台径 6.5センチ

状態:ひび欠け無く完品。

リーチは昭和初期の陶芸界の黎明期に民芸運動家の柳宗悦、濱田庄司らと交友し独特の感性で陶芸作品を作りました。この作品も日本人にはない感性で作られており、絵柄はアルタミラ洞窟の壁画のように稚拙ですが、作りは重厚で温かみがあります。こんな茶碗を使ったお茶会もおしゃれですね。

—————-バーナードリーチ 跳兔図皿—————————————————————————————

mouseバーナードリーチ 作 跳兔図皿    <作家紹介>

共箱    サイズ:直径 23.5センチ 高さ 4.3センチ 高台径 11.5センチ

状態:ひび欠け無く完品。

リーチは昭和初期の陶芸界の黎明期に民芸運動家の柳宗悦、濱田庄司らと交友し独特の感性で陶芸作品を作りました。飾り皿としても実用的にも使える作品です。

—————-加守田章二 1974象嵌鉢————————————————————————————–

mouse加守田章二 作 1974象嵌鉢    <作家紹介>

共箱    サイズ:口径 24.0センチ 高さ 6.8センチ 底径 10.0センチ

状態:ひび欠け無く完品。

陶芸家の異才と将来を期待されながら49歳の若さで亡くなった加守田章二の作品です。加守田は京都市立美術大学で富本憲吉、近藤悠三の薫陶を受け益子にて作陶を行った。この作品は加守田の代表作である象嵌を施した鉢で、加守田の作品の特徴が良く表れています。

—————-黒田辰秋 花筏蒔絵 大棗—————————————————————————————–

OLYMPUS DIGITAL CAMERAmouse人間国宝 黒田辰秋 作 花筏蒔絵 大棗    <作家紹介>

共箱 共布 サイズ:口径 16センチ 高さ 7.8センチ 胴径 7.3センチ 底径 3.6センチ

状態:きず無く完品。底に「辰」の書き銘あり。表千家 13代 即中斎宗左 花押。

桜の花びらが散る水もに浮かんだ色漆の筏に、高蒔絵で桜が描かれた華やかな大棗です。初春のお茶席にぴったりの棗です。

—————-黒田辰秋 推漆 棗————————————————————————————————-

黒田辰秋 推漆 棗mouse人間国宝 黒田辰秋 作 堆漆 棗    <作家紹介>

共箱 共布 サイズ:胴径 8.0センチ 高さ 5.5センチ 底径 4.5センチ

状態:蓋の口縁にかすかなひびがあります。底に「辰」の書き銘あり。表千家 13代 即中斎宗左 花押。

漆を何度も塗り老松、牡丹を繊細に彫り込んだ堆漆彫(ついしつほり)の見事な棗です。この棗は素晴らしいの一言でいつまでも見飽きません。牡丹の季節のお茶席にぴったりの棗です。

—————-黒田辰秋 推朱 棗————————————————————————————————-

黒田辰秋 推朱棗mouse人間国宝 黒田辰秋 作 堆朱 棗    <作家紹介>

共箱 共布 サイズ:胴径 6.5センチ 高さ 7.0センチ 底径 4.0センチ

状態:きず欠けなく美品。底に「辰」の書き銘あり。裏千家14世家元 淡々斎 花押。

堆朱(ついしゅ)とは、素地の表面に漆を塗り重ねて層を作り、文様をレリーフ状に彫りだす技法を指します。日本では村上堆朱、仙台堆朱が有名です。堆朱の製作には、まず素地に漆を塗っては乾かす、という作業を繰り返し素材の棗を作成するだけでも1年近く掛かかります。この作品は棗全体に牡丹を繊細に彫り込んだ見事な棗です。華やかな牡丹の季節のお茶席にぴったりの棗です。

—————-黒田辰秋 根来塗菊割棗——————————————————————————————-

mouse人間国宝 黒田辰秋 作 根来塗菊割棗     <作家紹介>

共箱 共布   サイズ:胴径 5.3センチ 高さ 7.5センチ  底径 3.9センチ

状態:塗りの剥げ、傷なく美品。底に「辰秋」の書き銘あり。

菊の花を模った根来塗の棗です。黒田辰秋は「木工芸」で国の重要無形文化財保持者に認定された漆芸、木工作家です。皇居新宮殿の拭漆樟大飾棚、扉飾、椅子、卓を制作し、きわめて独創的で、造形力に富んだ傑作を数多く残しました。この作品は小品ながら黒田ならではの特徴がよく表れています。共箱裏、棗蓋裏に裏千家14代家元、淡々斎の花押があります。

—————-黒田辰秋 推朱 銘々皿——————————————————————————————–

mouse人間国宝 黒田辰秋 作 堆朱 銘々皿    <作家紹介>

共箱 共布 サイズ:縦径 14.4センチ 横径 14.4センチ 高さ 1.5センチ

状態:きず欠けなく美品。底に「辰」の書き銘あり。

堆朱(ついしゅ)とは、素地の表面に漆を塗り重ねて層を作り、文様をレリーフ状に彫りだす技法を指します。日本では村上堆朱、仙台堆朱が有名です。堆朱の製作には、まず素地に漆を塗っては乾かす、という作業を繰り返し素材の棗を作成するだけでも1年近く掛かかります。この作品は山水の文様を緻密に彫り込んだ手の揉んだ作品です。

—————-黒田辰秋 根来模丸盆———————————————————————————————–

mouse人間国宝 黒田辰秋 作 根来模丸盆    <作家紹介>

共箱 共布 サイズ:直径 33.3センチ 高さ 2.8センチ

状態:きず欠けなく美品。底に「辰」の書き銘あり。

根来塗りを模した丸盆です。厚みの感じられる漆が美しく塗られており、作品の耐久性が想像できます。普段使いに楽しんで使っています。

—————-黒田辰秋 栗色拭漆 銘々皿————————————————————————————–

黒田辰秋 栗色拭漆 銘々皿mouse人間国宝 黒田辰秋 作 栗色拭漆 銘々皿    <作家紹介>

共箱    サイズ:最大径 16センチ 最小径 15.5センチ 高台径 8.5センチ 高さ 2センチ

状態:ひび欠け無く完品。底に「辰」の書き銘あり。

木目の見える薄作りの銘々皿で、高台のある使いやすそうな銘々皿です。柳宗悦らと共に民芸運動に係わった黒田の作品らしく自らが轆轤を挽き、工程のすべてを自身で行った小品ながら骨太の作品です。宮内庁の昭和新宮殿のための室内装飾や家具を作り、黒澤明の別荘の家具を請け負うなど、多くの著名人を魅了した作品には人を引き付ける魅力があります。

—————-赤地友哉 朱棗—————————–————————————————————————–

mouse人間国宝 赤地友哉 作 薬器形朱棗    <作家紹介>

共箱 共布 サイズ:直径 6.5センチ 高さ 7.5センチ 底径 3.5センチ

状態:未使用。共箱に表千家即中斎の書付。棗の蓋裏に即中斎の花押。

昭和49年重要無形文化財(人間国宝)「髹漆」の保持者に認定された赤地友哉の棗です。「髹漆」とは漆を箆(へら)や刷毛(はけ)で素地に塗ることをいいます。この棗は薬器形と呼ばれる変わった形の棗です。

—————-音丸耕堂 讃岐彫 倶利香合————-————————————————————————–

音丸耕堂 四国彫倶利香合mouse人間国宝 音丸耕堂 作 讃岐彫 倶利香合    <作家紹介>

共箱 共布 サイズ:直径 7.5センチ 高さ 2.3センチ 底径 6.1センチ

状態:縁小さな塗剥げがあります。底に細かな擦り傷があります。

漆工芸で重要無形文化財に指定された音丸耕堂の倶利香合です。倶利(グリ)彫とは江戸時代初期、出羽秋田住正阿弥伝兵衛が考案した倶利彫り(具利、屈輪)の鍔にはじまると 伝えられます。その起源は、アイヌの民族紋様の影響を受けたとされる説や、中国の漆による屈輪(グリ)がもととの説が一般的です。 屈輪とは宋から明の時代に作り出された漆の技法である堆漆(ついしゅ)、犀皮(せいひ)による屈輪紋を彫りだした茶道具などの総称です。日本には室町頃より中国から輸入され珍重されたことが当時の茶会記からも読み取れます。また、鎌倉彫りの起源とも言われています。

—————-音丸耕堂 高麗盆————-—————————————————————————————

音丸耕堂 高麗盆mouse人間国宝 音丸耕堂 作 高麗盆    <作家紹介>

共箱    サイズ:直径 39.0センチ 高さ 3.0センチ

状態:縁に1カ所ひびが入っており、漆で修復してあります。

漆工芸で重要無形文化財に指定された音丸耕堂の高麗盆です。黒と金漆で花柄が彫り込まれた落ち着いた雰囲気の大盆です。使うのが惜しいような作品なので飾って楽しみたいです。

—————-北村昭斎 瑞鳥文 螺鈿硯箱————————————————————————————–

北村昭斎 瑞鳥文螺鈿硯箱mouse人間国宝 北村昭斎 作 瑞鳥文螺鈿硯箱    <作家紹介>

共箱 共布 サイズ:縦 24.5センチ 横 17.5 高さ 4.3センチ 硯縦 12.4センチ 横 6.3センチ

状態:割れ傷無く完品。硯に使用跡あり。硯箱裏に「祥2」の書き銘あり。

螺鈿で重要無形文化財に指定された北村昭斎の見事な硯箱です。北村昭斎はこれまでに数々の国宝の修復にあたってきました。このような硯箱を使うことは贅沢の極致です。

—————-北村昭斎 翡翠螺鈿蒔絵 中棗————————————————————————————

北村昭斎 翡翠蒔絵 中棗mouse人間国宝 北村昭斎 作 翡翠螺鈿蒔絵 中棗     <作家紹介>

共箱 共布   サイズ:胴径 6.8センチ 高さ 6.7センチ  底径 3.5センチ

状態:塗りの剥げ、傷なく美品。底に「昭斎」の針銘あり。共箱裏に裏千家鵬雲斎の花押あり。棗蓋裏に鵬雲斎の花押あり。

北村昭斎は螺鈿の技術で重要無形文化財の認定を受けています。かわせみの羽は美しい青い夜光貝の螺鈿で表現されており、人間国宝の技がきらりと光っています。かわせみは一年中見られる鳥なので、この棗はいつの季節でもお使いになれます。

—————-大野昭和斎 欅 銘々皿——————————————————————————————–

大野昭和斎 欅 銘々皿mouse人間国宝 大野昭和斎 作 欅 銘々皿    <作家紹介>

共箱 共布 サイズ:直径 13.5 高さ 3.0センチ 高台径 10.0センチ

状態:1枚に塗の薄れあり。高台内「昭和斎」の書き銘あり。

1984年に木工芸で重要無形文化財に指定された大野昭和斎の欅銘々皿です。木目の美しさと曲線の柔らかさが作者のただならぬ技術と感性を伺わせます。

—————-野々村仁清 章玉香盒———————————————————————————————-

野々村仁清 章玉香盒mouse野々村仁清 作 章玉香盒    <作家紹介>

合箱  サイズ:横径 9.4センチ 縦径 6.0センチ 高さ 2.5センチ

状態:時代の経年による汚れあり。ひび欠けなく完品。底面に「仁清」の窯印あり。時代箱は鼠にかじられ傷んでいます。

洗練されたデザインと色使いの美しい香合です。仁清の「色絵藤花文壷」は国宝に指定されています。この作品もシックな色使いで小紋と麻の葉が描かれており、香合の名品といえます。この香合一品だけで話題性のあるお茶会が開けます。

—————-尾形乾山 黒釉竹絵 茶入—————————————————————————————–

OLYMPUS DIGITAL CAMERAmouse尾形乾山 作 黒釉竹絵 茶入    <作家紹介>

合箱  サイズ:口径 3センチ 胴径 5センチ 高さ 9センチ 底径 4.3センチ

状態:ひび欠けは見当たりません。側面に「乾山」の銘あり。仕覆はかなり傷んでいます。

竹の絵を蝋抜きし黒織部のような釉薬がかけられた斬新なデザインの茶入れです。牙蓋は飴色に時代色が付き古さが感じられます。これまで大切に使われてきた茶入れです。

—————-尾形乾山 桜葉文 三つ足皿————————————————————————————–

尾形乾山 桜葉文 三つ足皿mouse尾形乾山 作 桜葉文 三つ足皿    <作家紹介>

合箱  サイズ:横幅 31.0センチ 縦幅 17.5センチ 高さ 6.5~6.8センチ

状態:ひび欠けなく完品。裏面に「乾山」の銘あり。

桜の葉に八重桜をあしらった乾山ならではの斬新なデザインの大皿です。春の茶懐石の器に用いたら感動する逸品です。

—————-尾形乾山 葡萄絵 茶碗——————————————————————————————–

尾形乾山 葡萄絵 茶碗mouse尾形乾山 作 葡萄絵 茶碗    <作家紹介>

合箱  サイズ:口径 12.0センチ 高さ 8.0センチ 高台径 5.5センチ

状態:ひび欠けなく完品。側面に「乾山」の銘あり。

墨絵のような手慣れた筆使いで見事に葡萄の葉、蔦、果実が描かれています。葡萄が実る夏場の懐石に用いたいです。

—————-尾形乾山 瓜文 菓子鉢——————————————————————————————–

尾形乾山 瓜文 菓子鉢mouse尾形乾山 作 瓜文菓子鉢    <作家紹介>

合箱  サイズ:口径 19.5センチ 高さ 9センチ 高台径 7センチ

状態:口縁に欠けの直しあり。側面に「乾山」の銘あり。

口縁に瓜の絵柄をあしらった、いかにも乾山らしい斬新なデザインの菓子鉢です。乾山特有の柔らかめの土を用いているので欠けやすく非常にデリケートな器です。箱には「白雲堂蔵」の書付があり由緒がありそうです。瓜が実る夏場の懐石に用いれば素敵です。

—————-尾形乾山 雪中山水角皿 5客————————————————————————————–

尾形乾山 雪中山水角皿五客mouse尾形乾山 作 雪中山水角皿 五客    <作家紹介>

合箱  サイズ:縦径 10.7センチ 横径 10.7センチ 高さ 2.4センチ

状態:二客に割れがあり修理してあります。高台内に「乾山」の銘あり。時代による汚れあり。

味わい深い雪中山水図が描かれた角皿です。銘々皿あるいは小さ目ですが茶懐石の向付けとしてもお使いできます。

—————-川瀬竹春 花鳥赤絵 蓋向—————————————————————————————–

川瀬竹春 花鳥赤絵蓋向mouse川瀬竹春(初代) 作 花鳥赤絵蓋向    <作家紹介>

箱なし  サイズ:縦径 17センチ 横径 17センチ 高さ 8センチ 高台径 11.2センチ

状態:径年の絵付けの薄れがありますがおおむね良好な状態。底面に「竹春」の掻き銘あり。

大き目の蓋つきの向付けで竹春の「古余呂技」窯らしい華やかな絵付けの器です。本来は向付けとして造られた作品なので複数個ありましたが、入手できたのは一客のみです。向付けとしては大きい作品なので菓子鉢として用いることが出来ます。

—————-川瀬竹春 銀襽手 湯碗——————————————————————————————–

川瀬竹春 銀襽手 湯碗mouse初代 川瀬竹春 作 銀襽手 湯碗    <作家紹介>

共箱    サイズ:口径 7センチ 高さ 8センチ 高台径 5センチ

状態:ひび欠けなく完品。高台内に「古余呂技」の掻き銘あり。

瑠璃色の器胎の上に花唐草の見事な銀襽手が施されている豪華ながら品のある湯呑みです。このような湯呑みで玉露を立てれば優雅なひと時を楽しめます。

—————-川瀬竹春 絵唐津 香炉———————————————————————————————-

川瀬竹春 絵唐津香爐mouse川瀬竹春(初代) 作 絵唐津 香炉    <作家紹介>

共箱 共布  サイズ:口径 5.5センチ 胴径 7.5センチ 高さ 6センチ 高台径 5センチ

状態:ひび欠けなく完品。作品に銘は入っていません。

渋い色合いの落ち着いた香炉です。竹春にしてはめずらしい土物の作品です。

—————-2代川瀬竹春(順一) 色絵丸文花鳥図 大皿—–————————————————————–

mouse二代 川瀬竹春(順一) 作 色絵丸文花鳥図 大皿    <作家紹介>

共箱 共布  サイズ:口径 25.0センチ 高さ6.0センチ 胴径 30.0センチ 高台径 19.5

状態:ひび欠けなく完品。底に「古余呂技」の掻き銘あり。

花鳥文が描かれた色絵深皿です。多めの中華料理を盛るのに適しています。川瀬竹春の作品でこれほどの大きな作品は珍しく大変貴重です。

—————-川瀬順一 祥瑞 捻湯碗—–—————————————————————————————

川瀬順一 祥瑞 捻湯碗mouse二代 川瀬竹春(順一) 作 祥瑞 捻湯碗    <作家紹介>

共箱     サイズ:口径 7センチ 高さ8.5センチ 高台径 4.5

状態:割れて金継ぎしてあります。底に「順」の書き銘あり。

金繕いされてはいますが見事な祥瑞の湯呑みです。金繕いをしてでもこの作品を使いたいと思う元の持ち主の気持ちがわかります。

—————-高麗 雨漏手 茶碗————————————————————————————————-

高麗雨漏手茶碗mouse高麗 雨漏手 茶碗

高橋箒庵 識箱 仕覆 サイズ:最大径 14センチ 高さ 5.5センチ 高台径 5.5センチ

状態:ニュウ、窯庇などがあります。

大茶人の高橋箒庵が高麗茶碗と鑑定した雨漏り手の茶碗です。数百年使いこまれた茶碗であり、その器胎には歴史が刻み込まれ大変侘びた茶碗になっています。この茶碗は箱の蓋裏に高橋箒庵の書付があり、高橋箒庵の持ち物であったことが伺われます。高橋箒庵は三井銀行、三井呉服店の要職を歴任し51歳で引退し茶の湯の世界に入った人で、原三渓、益田鈍翁、松永耳庵などと親交のあった人物です。信長の所有した大名物の「初花」茶入れなどの名器を本にし、「大正名器鑑」として出版しました。この茶碗は小間での男同士の侘びた茶会に用いるのが最も似合いそうです。

—————-高橋箒庵 茶杓 銘「萬歳」——————————————————————————————

高橋箒庵 茶杓 銘「萬歳」mouse高橋箒庵 作 茶杓 銘「萬歳」

共箱 共筒 サイズ:長さ 18.5センチ

状態:完品。

高橋箒庵が拵えた茶杓です。

—————-高麗 白釉 茶碗—————————————————————————————————-

OLYMPUS DIGITAL CAMERAmouse高麗 白釉 茶碗

合箱    サイズ:口径 14.5センチ 高さ 10センチ 高台径 6.5センチ

状態:ひび欠けなく完品。

大振りの茶碗で大井戸茶碗と見間違えるほどの茶碗です。変化に富んだ釉薬の流れ、雨漏り、石ハゼ、目跡、力強い轆轤目と竹節高台、兜巾はまさに高麗茶碗の逸品です。数百年使いこまれた茶碗であり、その器胎には歴史が刻み込まれており、茶碗の中に宇宙を見るがごとし。大振りのこの茶碗は濃い茶の茶碗としては最高の茶碗です。

—————-李朝 柿の蔕 茶碗————————————————————————————————-

李朝柿の蔕茶碗mouse李朝 柿の蔕茶碗

合箱  サイズ:口径 13.5~14.5センチ 高さ 7.0センチ 高台径 5.3センチ

状態:ひび欠けなく完品。時代による汚れがあります。

柿の蔕茶碗(かきのへたちゃわん) とは、高麗茶碗の一種で、李朝初期に焼かれたとされています。柿の蔕の名前は、茶碗を伏せた形と色あいが、柿の蔕のように見えるところに由来するといわれています。
鉄分の多い砂混じりの素地に、青味がかった釉が極く薄くかかっています。釉肌は暗褐色で、土味はザングリして、やや厚手でだが、手取は軽く、渋く侘びた作ぶりです。形は、口縁は箆で切り廻しがあり樋口(といくち)になっていて、腰に段があり、懐は広く、高台は大きくて撥高台(ばちこうだい)で、高台内は丸削りになっています。
柿の蔕茶碗は、数ある高麗茶碗の中で侘び茶の精神に最もふさわしい茶碗といわれています。この茶碗は先に記した柿の蔕茶碗の特徴を良く現わしている名碗です。侘びたお茶会に用いてお楽しみください。

—————-奥高麗 茶碗———————————————————————————————————

奥高麗 茶碗mouse奥高麗 茶碗

時代箱 仕覆 サイズ:口径 14.0~14.8センチ 高さ 8.0センチ 高台径 6.0センチ

状態:ひび欠けなく完品。

「奥高麗茶碗」は「高麗茶碗」と混同されがちですが、発掘調査により李朝の陶工が唐津で作ったものであると判明しています。この茶碗は大井戸茶碗と見紛うばかりの堂々とした大ぶりの碗で、全体にかけられた長石土灰釉が枇杷色をして美しい。奥高麗茶碗には赤黄味を帯びた枇杷色のものと青味を帯びたものがあります。茶碗としては枇杷色の茶碗が上物とされています。形も井戸形のものと熊川(こもがい)形のものがあります。これらの事を鑑みて、この茶碗は枇杷色で井戸形の茶碗であり、奥高麗茶碗の中でも特に優品といえます。

—————-瑠璃地 金襴手 茶碗———————————————————————————————-

瑠璃地 金襴手茶碗mouse瑠璃地 金襴手茶碗 銘「雪月」

合箱 仕覆 サイズ:口径 12.6センチ 高さ 7.5センチ 高台径 6.0センチ

状態:ひび欠けはありませんが経年による金彩の剥げがあります。

金襴手は中国江西省景徳鎮民窯で16世紀中ごろ(明代嘉靖年間)に作られました。上絵付した後,金箔を焼き付けて文様を表したもので,織物の金襴に似ているところから日本でこう呼ばれました。金襴手の磁器には地釉(じぐすり)の別によって、五彩(赤絵)に金彩を加えた赤絵金襴手、赤を地釉に用いた赤地金襴手、瑠璃釉(るりゆう)上に金彩を加えた瑠璃地金襴手、その他萌葱(もえぎ)地金襴手、黄地金襴手、白地金襴手などがあります。この作品は瑠璃地金襴手の優品で、引き込まれるような瑠璃色に優美な金彩で花唐草文が描かれています。

—————-天龍寺青磁 双魚文 茶碗—————————————————————————————-

天龍寺青磁 双魚文茶碗mouse天龍寺青磁 双魚文 茶碗

合箱    サイズ:口径 13.6センチ 高さ 7.0センチ 高台径 5.2センチ

状態:ひび欠けなく完品。経年による汚れがあります。

天龍寺青磁とは中国浙江(せっこう)省の竜泉窯(りゅうせんよう)で焼造された青磁の一様式。天竜寺の呼称は、日本の室町幕府が明(みん)国と取り決めた勘合貿易により、天竜寺造営のために派遣した貿易船がこの種の青磁を大量に輸入したためにつけられた名称であると伝えられています。日本では元代の竜泉窯青磁を〈天竜寺青磁〉、明代のものを〈七官青磁〉などと呼んでおり、元時代の竜泉窯青磁は宋代のものより厚手で大作の器が多い。この茶碗は元代(1271~1368)から明代(1368~1644)初期にかけて龍泉窯で作られた作品です。ぼってりとした厚手の作で見込みに愛らしい双魚が陽刻されています。

—————-明代 五郎太甫呉祥瑞造 祥瑞染付水禽文 茶碗————————————————————–

祥瑞染付水禽文 茶碗B

mouse明代 五朗大甫呉祥瑞造 祥瑞染付水禽文 茶碗

合箱  サイズ:口径 13センチ 高さ 7センチ 高台径 7.5センチ

状態:ひび、欠けなく完品。

本作品は器胎の土質から見て、また良質な呉須が使われていることから明代の作と思われます。この茶碗は、温かみの感じられる器と鮮やかな呉須による細密な絵付から、古き時代が感じられる貴重な名品です。また、この茶碗は「世界文化社 家庭画報編 決定版お茶の心」と「雄山閣 杉浦澄子 著」の中に全く同じ手の作品が祥瑞茶碗の名碗として紹介されています。

—————-明代 五郎太甫呉祥瑞造 祥瑞捻花鳥文 茶碗——————————————————————

祥瑞捻花鳥文 茶碗mouse明代 五朗大甫呉祥瑞造 祥瑞捻花鳥文 茶碗

合箱  サイズ:口径 13.3センチ 高さ 7センチ 高台径 7.7センチ

状態:ひび、欠けなく完品。

本作品は器胎の土質から見て、また良質な呉須が使われていることから明代の作と思われます。この茶碗は、温かみの感じられる器と鮮やかな呉須による細密な絵付から、古き時代が感じられる貴重な名品です

—————-明代 五郎太甫呉祥瑞造 祥瑞沢瀉形 茶碗———————————————————————–

五朗大甫呉祥瑞造 祥瑞染付茶碗mouse明代 五朗大甫呉祥瑞造 祥瑞沢瀉形(おもだか) 茶碗

合箱  サイズ:口径 9.8センチ 高さ 7.3センチ 胴径 11センチ 高台径 7.8センチ

状態:ひび、欠けなく完品。

五良大甫呉祥瑞造(ごろたいほごしょんずい)の銘のある染付茶碗です。一般的に日本で言われる”祥瑞焼”の染付の器は、明末期に景徳鎮で焼かれ日本への輸出品だと言われています。これらの品の特徴はまず、最上質の呉須と精良な作り、絵付文様は強烈的な日本式美学が特色です。これらの品には「五良大甫呉祥瑞造」の染付銘があるから、日本では古くから、”祥瑞焼”と呼ばれています。「五良大甫呉祥瑞造」には諸説があり、祥瑞と呼ばれる品は中国にはほとんど見られず明清の歴史上、”祥瑞焼”という概念や、言葉もありません。また、これらの品は全部日本へ輸出されたので現在は中国国内にはなにも残っていません。日本での祥瑞写しには五良大甫呉祥瑞造の銘がよく見受けられます。本作品は器胎の土質から見て、また良質な呉須が使われていることから明代の作と思われます。この茶碗は、温かみの感じられる器と鮮やかな呉須による細密な絵付から、古き時代が感じられる貴重な名品です。

—————-上村松園 絵付 楽入造 御所車 赤楽茶碗——————————————————————-

上村松園絵付 御所車 赤楽茶碗mouse上村松園 絵付 楽入造 御所車 赤楽茶碗

共箱    サイズ:口径 10.8センチ 高さ 8.4センチ 高台径 4.5センチ

状態:ひび欠けなく完品。上村松園の書銘あり。

絵画のように瀟洒に御所車描かれた素晴らしい茶碗です。京都の名窯、楽入窯の初代、吉村楽入が茶碗を作り、それに上村松園が絵付けをした珍品です。柳に御所車が描かれていることから春から初夏のお茶席にぴったりの茶碗です。使われている上村松園の落款は「書画落款印譜集」に掲載されています。

—————-二代 長次郎 常慶造 黒楽茶碗———————————————————————————

二代長次郎 常慶 黒楽茶碗mouse二代 長次郎 常慶造 黒楽茶碗

識箱    サイズ:口径 10.3~10.6センチ 高さ 8.0~8.5センチ 胴径 12.0センチ 高台径 4.5センチ

状態:かなりの割れがありますが漆で上手に継いであるので一見無傷のように見えます。蓋裏に裏千家淡々斎の花押があります。常慶の作行きは、初代の長次郎(?~1589)を倣ったものが多いですが、腰部の張りなどに作為が強く出ています。常慶は「樂」字印を使用しますが、無印の作品も多く、本品にも印はありません。淡々斎の識で二代長次郎とありますが真贋はわかりません。しかし箱の経年から判断するとかなり時代のある作品に間違いはありません。

楽 常慶(らく じょうけい)1561年(永禄4年)- 1635年7月13日(寛永12年5月29日))初代の長次郎の実子ではなく、その補佐役であったと考えられている田中宗慶の次男。但し、長次郎の存命中から父や兄・宗昧と共に楽焼製作に関わっていたとされる。しかし、長次郎の実子でもなく、また宗慶の長男でもなかった常慶が跡取りとなった経緯については樂家にも良質の史料が伝来しておらず全くの謎です。千利休が豊臣秀吉と対立して切腹に追い込まれたため、利休に一番関わりの薄かった常慶が当主となったという説もあります。はっきりしていることは、「楽家」を正式に名乗るようになったのは常慶の代からだったこと、そして、代を襲うと「吉左衛門」を字として使うようになった最初の代が常慶であったことです。 「楽」の姓は、そもそも聚楽第建設の折に長次郎がその現場の土を使って焼物を作り、それを高く評価した秀吉が「聚楽焼」と呼んだのがきっかけです。感激した秀吉は当代随一の賞賛とともに「楽」の字を与えたとされています。

—————-二代 長次郎 常慶造 黒釉筒形水指—————————————————————————-

楽常慶 黒釉筒形水指mouse二代 長次郎 常慶造 平木清光 識 黒釉筒形水指

識箱    サイズ:口径 15.5センチ 高さ 7.5センチ 底径 17.0センチ

状態:10センチほどの薄いニュウが一本ありますが水漏れはありません。口縁に1センチほどの当たりがあり、ニュウを漆で繕ってあります。箱の表に「常慶 水指」と墨書されています。蓋裏に国定文化財鑑定家の平木清光の極めがあります。真贋はわかりませんが、かなり時代のある作品に間違いはありません。

—————-三代 楽吉左衛門 道入(のんこう) 黒茶碗——————————————————————

楽道入 黒楽茶碗mouse三代 楽吉左衛門 道入(のんこう) 作 九代了入 識 黒楽茶碗

識箱 仕覆 サイズ:口径 10.5センチ 高さ 8.0センチ 高台径 5.0センチ

状態:ひび欠けはありません。経年による貫入、汚れがあります。

重厚な景色の存在感のある茶碗です。9代楽吉左衛門(了入)の識箱に収めれれています。

楽道入 1599-1656 江戸時代前期の陶工。明暦2年2月23日死去。58歳。本姓は田中。通称は吉左衛門。
慶長4年生まれ。楽常慶(じょうけい)の長男。京都の楽家3代で,楽家歴代中の随一の名工と言われています。千宗旦から「ノンカウ」銘の竹花入れをおくられ愛用したことから通称「のんこう」とよばれています。本阿弥光悦と親交があり、光悦の茶碗のなかでも黒楽茶碗は道入・常慶が焼いたといわれています。銘印は「自楽印」とよばれ、楽の字の「白」が「自」となっているのが特徴。道入の茶碗は光沢があり、装飾が施されているものが多い。寸法も大振りで、胎土は驚くほど薄く削られ、長次郎が内的で重厚な存在感を表しているのに対し、道入は軽やかな解放感を感じさせます。装飾も多様で、調合の異なる黒釉を重ね掛けし、幕が垂れたように表情を変化させる「幕釉」や、「黄ハゲ」、「蛇蝎釉」、「飴釉」など様々な釉薬を使い新たな表現を生み出しています。〈枡〉〈千鳥〉〈稲妻〉〈獅子〉〈鳳林〉〈若山〉〈鵺(ぬえ)〉の銘のある〈のんこう七種〉と呼ばれる茶碗が代表作。剃髪して道入と称した。

—————-四代 楽吉左衛門 一入 黒茶碗———————————————————————————

楽一入 黒楽茶碗mouse四代 楽吉左衛門 一入 作 黒楽茶碗

共箱     サイズ:口径 10.2センチ 高さ 7.5センチ 高台径 4.3センチ

状態:ひび欠けはありません。経年による汚れがあります。

小振りで女性の手に丁度良い大きさの黒楽茶碗です。一入の茶碗の特徴は高台内の渦巻きが左渦で、巴がわりがはっきりとしています。五徳目は三つで、総釉が多く、無印が多い。一入から箱書き及び極め書きを始めたといわれています。この茶碗も一入の特徴をよく表しています。

—————-10代 楽吉左衛門 丹入 唐人笛 黒茶碗———————————————————————-

楽左入 唐人笛 黒楽茶碗mouse10代 楽吉左衛門 丹入 作 唐人笛 黒楽茶碗

時代箱 仕覆  サイズ:口径 10.0センチ 高さ 9.8センチ 高台径 3.4センチ

状態:ひび欠けはありません。経年による汚れがあります。高台内に「楽」印あり。

唐人笛と呼ばれる高台脇は極端にすぼめられた変わった形の黒楽茶碗です。合わせ箱ですが茶碗の高台内に6代楽左入の窯印が押されています。格調高い仕覆に収められています。

 

——————————————————————————————————————————————-