茶道具百選(茶碗)

 mouse写真をマウスでクリックすると拡大します。商品名をクリックすると商品の色々な写真が見られます。

——————-商品番号 茶碗122———————————————————————————————-

mouse李朝 堅手茶碗 A

合箱    サイズ:口径 12.2センチ 高さ 7.3センチ 高台径 6.3センチ

状態:ひび欠けはありませんが経年による汚れがあります。釉薬の飛びがあります。

李朝期特有の乳白色の白磁釉に程よく入った貫入、高台内の梅花皮(かいらぎ)、見込みの目跡、釉薬の飛びなど変化に富んだ茶碗です。抹茶の緑がよく映える茶碗です。

価格 ¥25,000-

——————-商品番号 茶碗121———————————————————————————————-

mouse李朝 呉器茶碗

合箱    サイズ:口径 13.0センチ 高さ 8.8センチ 高台径 5.3センチ

状態:ひび欠けはありませんが経年による汚れがあります。

薄手のすっきりとした姿の使いやすい茶碗です。枇杷色の器体に薄い釉の垂や窯変が見られ、大変見どころの多い茶碗です。呉器茶碗は五器とも御器とも称され、御器(木椀)に形が似ていることから、この名前が付けられています。総じて丈が高く、高台が裾で開いた撥高台になっています。

価格 SOLDOUT

——————-商品番号 茶碗120———————————————————————————————-

mouse唐津 片口茶碗

合箱    サイズ:口径 11.3~12.2センチ 高さ 7.0センチ 高台径 5.0センチ

状態:ひび欠けはありませんが経年による汚れがあります。

口縁に皮鯨、木賊のような絵柄をあしらった、やや小振りの侘びた茶碗です。時代的には江戸時代末期のように感じられます。

価格 ¥30,000-

——————-商品番号 茶碗119———————————————————————————————-

mouse李朝 葡萄絵 青磁茶碗

合箱    サイズ:口径 11.8センチ 高さ 7.8センチ 高台径 5.7センチ

状態:ひび欠けはありませんが経年による汚れがあります。見込みに胡麻のような灰降りがあります。

淡い青磁の器体に葡萄の図柄が象嵌されている珍しい茶碗です。涼しげな茶碗なので夏の葡萄の季節にお使いになるのによいでしょう。

価格 ¥30,000-

——————-商品番号 茶碗118———————————————————————————————-

mouse古備前 片口 茶碗(小鉢)

合箱    サイズ:口径 12.0~13.0センチ 高さ 5.0~5.5センチ 高台径 8.0~8.4センチ

状態:ひび欠けはありませんが経年による汚れがあります。高台内に「松葉」の陶印あり。

大変土味のある古色蒼然とした古備前片口の小鉢です。高台内に「松葉」の窯印があることから室町時代末期の作と思われます。元々は小鉢として作られたものですが、小さめな茶碗に見立ててお使いできます。大変侘びた作品なので小間のお茶席にお勧めします。

価格 ¥50,000-

——————-商品番号 茶碗117———————————————————————————————-

mouse加藤宗右衛門春永 絵志野 平茶碗

合箱    サイズ:口径 13.8センチ 高さ 5.0センチ 高台径 5.1センチ

状態:ひび欠けはありませんが経年による汚れがあります。高台内に「春永」の陶印あり。

断定はできませんが陶印と茶碗の古さから見て、加藤宗右衛門春永の茶碗と思われます。春永は尾張瀬戸の陶工で加藤宗右衛門景春。春永と号しました。1566年(永禄九)正月没。一説に、景正の十世とし、その技は四世政蓮に劣らず瀬戸の中祖との称があり、織田信長の選んだ名工六作の一人です。春永は1566年に亡くなったということは、この茶碗の年代は室町時代(1336年~1573年)の作となります。古色のある侘びた味わいのある茶碗なので小間でのお茶席にお勧めします。鑑定不明な点がありますのでお安くお譲りします。

価格 SOLDOUT

——————-商品番号 茶碗116———————————————————————————————-

mouse黄瀬戸 向付茶碗

識箱    サイズ:口径 9.7センチ 高さ 7.0センチ 高台径 5.7センチ

状態:ひび欠けはありませんが経年による汚れと内側側面に焼成時の釉薬の飛びが見受けられます。

蓋裏に「江戸中期 美濃大萱窯 徳川美術館参事 菊田清年鑑」と書付があります。美濃の大萱窯で向付として焼かれた黄瀬戸の向付を茶碗として見立てたものです。この器は侘びた黄瀬戸の釉薬に緑色の胆礬(タンパン)が美しく発色しています。小ぶりな茶碗としてお使いください。

価格 ¥40,000-

——————-商品番号 茶碗115———————————————————————————————-

mouse高麗 井戸茶碗 A

合箱 仕覆 サイズ:口径 14.5センチ 高さ 8.3センチ 高台径 6.3センチ

状態:ひび欠けなく完品。

薄紅色の大変美しく味わい深い井戸茶碗です。惜しむらくは高台脇にもう少し梅花皮(かいらぎ)が現れていれば完璧な井戸茶碗となります。それにしてもこれだけの井戸茶碗にはめったにお目にかかれません。これまでに私が扱った井戸茶碗の中では大変秀逸な茶碗です。この茶碗を用いた席はすばらしいお茶会になるでしょう。

価格 SOLDOUT

——————-商品番号 茶碗114———————————————————————————————-

mouse高麗 青井戸茶碗

合箱    サイズ:口径 14.0センチ 高さ 7.7センチ 高台径 5.2センチ

状態:ひび欠けなく完品。

青みを帯びた井戸茶碗で、器体に薄紅色の蛍と呼ばれる窯変が美しく現れています。青井戸茶碗は大変珍しく、著名な茶碗としては根津美術館収蔵の「柴田」があります。青井戸茶碗とはやや青みを帯びた井戸茶碗ですが、枇杷色の青井戸茶碗もあるので色合いよりも茶碗の形として、井戸茶碗はやや丸みを帯びたもの、青井戸茶碗は丸みを帯びず直線的なものと分類されているようです。

価格 ¥80,000-

——————-商品番号 茶碗113———————————————————————————————-

mouse高麗 大井戸茶碗 銘「魁」

合箱 仕覆 サイズ:口径 14.7センチ 高さ 8.4センチ 高台径 5.7センチ

状態:口縁に1ヶ所金繕いあり。

灰色を帯びた大井戸茶碗で「魁」と銘されています。竹節高台(たけのふしこうだい)、兜巾(ときん)、梅花皮(かいらぎ)、目跡(めあと)、轆轤目(轆轤目)と言った井戸茶碗のお約束を全て満たしている茶碗です。惜しむらくは色合いが灰色であり、これが枇杷色ならば完璧な大井戸茶碗であり、名椀と言われる茶碗として扱われたことでしょう。それでも井戸茶碗としては素晴らしい茶碗であり、お茶席を盛り立てる逸品となります。

価格 ¥80,000-

——————-商品番号 茶碗112————————————————————————-———————

mouse12代楽吉左エ門(弘入) 作 黒楽茶碗 銘「深山路」      <作家紹介>   

二重箱 共箱 仕覆  サイズ:口径 11.5センチ 高さ 8.0センチ 高台径 5.7センチ

状態:ひび欠けなく完品。高台脇に「楽」の窯印があります。

表千家12世惺斎の箱書きと13世即中斎の箱書きの二重箱に収められています。やや丸みを帯びた形が手によくなじみます。この落ち着きのあるしっとりとした黒釉の茶碗は、お茶会を引き立てます。

価格 SOLDOUT

——————-商品番号 茶碗111————————————————————————-———————

mouse古唐津 皮鯨茶碗A    

合箱   サイズ:口径 14.0センチ 高さ 7.7センチ 高台径 5.9センチ

状態:ひび欠けなく完品。時代による汚れがあります。

よく使いこまれた江戸時代の作と思われる皮鯨の茶碗です。貫入の入り方や釉薬の流れ具合、高台の縮れ具合、口べりの景色がまさに古唐津皮鯨茶碗の風情を醸し出しています。詫びたお茶席にはぴったりの茶碗です。

価格 ¥30,000-

——————-商品番号 茶碗110————————————————————————-———————

mouse河井武一 作 筒茶碗        <作家紹介>    

共箱   サイズ:口径 11.0センチ 高さ 10.0センチ 高台径 6.8センチ

状態:ひび欠けなく完品。

河井武一の作品は叔父であり、師である河井寛次郎の作風に極めて似ています。この茶碗も寛次郎の作品と見まがう、大変重厚感のある作品に仕上がっています。

価格 ¥20,000-

——————-商品番号 茶碗108————————————————————————-———————

mouse元内閣総理大臣 細川護煕 作 鼠志野茶碗    

共箱 共布 仕覆 サイズ:口径 12.4センチ 高さ 7.7センチ 高台径 6.3センチ

状態:ひび欠けなく完品。高台脇に窯印「ト」あり。

大変風情のある鼠志野茶碗に焼きあがっています。細川さんは天性の芸術的な感性で作陶しており、この茶碗にもその片鱗が伺えます。細川さんの茶碗は大変人気があり、また入手が難しい作家です。

価格 ¥150,000-

——————-商品番号 茶碗105————————————————————————-———————

mouse元内閣総理大臣 細川護煕 作 根引松文 絵志野茶碗    

共箱 共布 仕覆 サイズ:口径 11.0センチ 高さ 9.0センチ 高台径 6.3センチ

状態:ひび欠けなく完品。高台脇に窯印「ト」あり。

味わいのある筆使いで根引松文が描かれた志野茶碗です。細川さんは天性の芸術的な感性で作陶しており、この茶碗にもその片鱗が伺えます。細川さんの茶碗は大変人気があり、また入手が難しく、作品によっては茶碗に100万円の売値が付けられている物もあります。

価格 ¥130,000-

——————-商品番号 茶碗104————————————————————————-———————

mouse元内閣総理大臣 細川護煕 作 桧垣文 志野茶碗    

共箱 共布 仕覆 サイズ:口径 11.7~12.0センチ 高さ 8.0~8.3センチ 高台径 6.5センチ

状態:高台脇にひびのような窯庇がありますが使用には問題がありません。高台脇に窯印「ト」あり。

味わいのある筆使いで桧垣文が描かれた志野茶碗です。細川さんは天性の芸術的な感性で作陶しており、この茶碗にもその片鱗が伺えます。細川さんの茶碗は大変人気があり、また入手が難しく、作品によっては茶碗に100万円の売値が付けられている物もあります。

価格 SOLDOUT

——————-商品番号 茶碗103————————————————————————-———————

mouse10代楽吉左エ門(旦入) 作 赤楽茶碗 銘「面影」      <作家紹介>

共箱 仕覆 サイズ:口径 9.8センチ 高さ 9.5センチ 高台径 5.0センチ

状態:ひび欠けなく完品。高台脇に楽印あり。表千家11代家元碌々斎の花押、銘「面影」

口づくりに白く溜まった釉薬が良い景色となっています。淡い朱の釉薬の中にうっすらと黒い釉薬が二重掛けされ、口づくりの景色と相まって茶碗の品の良さを醸し出しています。見込も経年の使用でかせた味わいが出ており、赤楽茶碗の中でも特に名品と言えるでしょう。この茶碗に用いられている「楽」印は紀州徳川治宝から拝領した「拝領印」の小印です。拝領印を箱書きに用いる場合は、必ず吉左エ門の署名の上に捺すことになっています。

価格 SOLDOUT

——————-商品番号 茶碗101————————————————————————-———————

mouse元内閣総理大臣 細川護煕 作 志野茶碗    

共箱 共布 サイズ:口径 11.5センチ 高さ 9.0センチ 高台径 6.0センチ

状態:ひび欠けなく完品。高台脇に窯印あり。

掌にすっと収まる洗練された形の志野茶碗です。細川さんは天性の芸術的な感性で作陶しており、この茶碗も志野茶碗としてはおとなしく、大変使いやすい作品に焼きあがっています。細川さんの茶碗は大変入手が難しい貴重な作品です。

価格 ¥130,000-

——————-商品番号 茶碗96————————————————————————————————

mouse古唐津 皮鯨茶碗   

合箱     サイズ:口径 13.9センチ 高さ 5.5センチ 高台径 5.0センチ

状態:ひび欠けなく完品。使い込まれた時代による汚れがあります。

これぞ古唐津の皮鯨という茶碗で、よく使い込まれた時代感に満ちあふれています。この茶碗に合わせてあつらえたと思われる黒漆塗りの箱もこ、の茶碗の伝承を物語っています。茶人垂涎の茶碗をお手元にお納めください。

価格 SOLDOUT

——————-商品番号 茶碗94————————————————————————————————

野々村仁清 水車秋草文茶碗mouse野々村仁清 作 水車秋草文茶碗     <作家紹介>   

合箱     サイズ:口径 11.5センチ 高さ 6.6センチ 高台径 4.6センチ

状態:ひび欠けなく完品。高台内に「仁清」の陶印あり。使い込まれ、時代による汚れがあります。

小さ目で水車と秋草が繊細に描かれた京焼、仁清作の茶碗です。秋のお茶会にお使いください。

価格 SOLDOUT

——————-商品番号 茶碗92————————————————————————————————

李朝白磁茶碗mouse李朝白磁茶碗    

合箱     サイズ:口径 14.9センチ 高さ 8.5センチ 高台径 6.5センチ

状態:4センチほどの薄いニュウが1本あります。使い込まれた経年による汚れがあります。

李朝白磁特有の、持ち重りのある茶碗です。いかにも朝鮮陶磁器という風合いの茶碗で緑茶の緑が映えます。

価格 ¥15,000-

——————-商品番号 茶碗91————————————————————————————————

高麗粉引茶碗mouse高麗粉引茶碗A    

合箱     サイズ:口径 14.6~14.9センチ 高さ 6.5センチ 高台径 6.0センチ

状態:高台内に窯庇が見られますが、他にひび欠けなく完品の部類と言えます。使い込まれた経年による汚れがあります。

薄手で軽めの茶碗です。時代に育てられた景色が見事で見どころが多く、高麗粉引茶碗の名品と言えます。大きさもほど良く、濃茶にも薄茶にもお使いできます。たいへん侘びた茶碗なので、数寄者の方にお勧めです。

価格 SOLDOUT

 

——————-商品番号 茶碗89————————————————————————————————

長岡空権 楽山焼 刷毛目茶碗mouse11代長岡住右衛門(空権) 作 楽山焼 刷毛目茶碗     <作家紹介>

共箱     サイズ:口径 13.3~14.3センチ 高さ 7.4~8.1センチ 高台径 5.8センチ

状態:ひび欠けなく完品。高台脇に「権」の窯印あり。共箱裏の桟が2カ所取れています。

変形した茶色の器胎に荒めの刷毛目が施された侘びた茶碗です。楽山焼の茶碗は茶人に好まれています。

価格 ¥60,000-

——————-商品番号 茶碗88————————————————————————————————

長岡空権 柿釉茶碗mouse11代長岡住右衛門(空権) 作 出雲焼 柿釉茶碗     <作家紹介>

共箱 共布 栞 サイズ:口径 12.5センチ 高さ 8.2センチ 高台径 5.5センチ

状態:ひび欠けなく完品。高台脇に「空権」の窯印あり。

目の粗い土に薄茶色の釉薬が掛けられた侘びた茶碗です。女性の手になじむ丁度良い大きさで、抹茶の緑が映える、薄茶椀としてお使いするにはよい茶碗です。楽山焼の茶碗は茶人に好まれています。

価格 ¥80,000-

——————-商品番号 茶碗87————————————————————————————————

長岡空権 伊羅保茶碗mouse11代長岡住右衛門(空権) 作 出雲焼 伊羅保茶碗     <作家紹介>

共箱 共布 仕覆 サイズ:口径 12.8センチ 高さ 7.6センチ 高台径 6.0センチ

状態:ひび欠けなく完品。高台脇に「空権」の窯印あり。

空権が最も得意とする伊羅保茶碗です。刷毛目がアクセントになって茶碗を引き立てています。女性の手になじむ程好い大きさで、薄茶椀としてお使いになるには最適な茶碗です。楽山焼は茶人に好まれる茶碗の一つです。

価格 SOLDOUT

——————-商品番号 茶碗86————————————————————————————————

長岡空味 楽山焼茶碗mouse9代長岡住右衛門(空味) 作 楽山焼 茶碗     <作家紹介>

合箱    サイズ:口径 13.0センチ 高さ 6.3センチ 高台径 5.0センチ

状態:経年による貫入、汚れあり。口縁に1センチほどの直しあり。高台脇に「空味」の窯印あり。

白釉が半分掛けられた侘びた茶碗です。楽山焼は島根県松江の松平家別邸で焼成された陶器です。1677(延宝5)年に2代藩主・松平綱隆に請われて萩の陶工・倉崎権兵衛が召し抱えられ、伊羅保、斗々屋、刷毛目茶碗等を作陶しました。権兵衛が作った茶碗は「権兵衛焼」として珍重されていますが、現存する茶碗はわずか数椀だけです。この茶碗は、茶人によりよく使い込まれており、味わい深い茶碗に育てられています。楽山焼は茶人に好まれる茶碗の一つです。

価格 ¥60,000-

——————-商品番号 茶碗85————————————————————————————————

三輪休和 萩茶碗 銘「松風和」mouse人間国宝 10代三輪休雪(休和) 作 萩茶碗 銘「松風和(まつかぜなごみ)」

共箱 栞  サイズ:口径 13.5センチ 高さ 9.0センチ 高台径 6.8センチ

状態:ひび欠けなく完品。箱裏に表千家14代而妙斎の書付あり。

萩の白釉がたっぷりと掛かり、新雪が降り積もったような美しい景色となった茶碗です。大きさもほど良く、濃茶にも薄茶にもお使いできます。表千家14代而妙斎の銘により「松風和」とあります。いつの季節にもお使いできる茶碗で使い込むほどに味わいが増してきます。

価格 ¥170,000-

——————-商品番号 茶碗76————————————————————————————————

濱田庄司 糠白釉茶碗mouse人間国宝 濱田庄司 作 糠白釉茶碗      <作家紹介>

共箱 共布 仕覆 サイズ:口径 14.7センチ 高さ 8.0センチ 高台径 5.5センチ

状態:ひび欠けなく完品。

淡く白い釉薬が掛けられたやさしい雰囲気の茶碗です。大きさの割には軽く作られており、濃茶の茶碗としてお使いできます。

価格 ¥100,000-

——————-商品番号 茶碗75————————————————————————————————

黒唐津 小服茶碗mouse黒唐津 小服茶碗 

合箱    サイズ:口径 9.0~9.4センチ 高さ 7.8センチ 高台径 5.0センチ

状態:高台内に窯庇がありますが水漏れはありません。高台に小さな欠けが1つあります。

茶箱用の小振りな茶碗ですが堂々とした趣きがあります。黒唐津は素地に鉄釉や灰釉を施釉し焼成し、鉄分で釉薬が黒く発色たもです。この黒唐津は江戸時代は十分にあります。茶箱用としてお求めください。

価格 ¥10,000-

——————-商品番号 茶碗72————————————————————————————————

加藤卓男 鼠志野茶碗mouse加藤卓男(人間国宝) 作 鼠志野茶碗     <作家紹介>

共箱 共布   サイズ:口径 11.8~12.2センチ 高さ 8.8~9.3センチ 高台径 6.7センチ

状態:ひび欠けなく完品。高台内に「タ」の掻き銘あり。

風になびく葦を巧みに描いた味わい深い武蔵野図、鼠志野の茶碗です。加藤卓男は六代加藤幸兵衛を継ぎ、17 世紀から途絶えていたペルシア陶器ラスター彩の再現に成功、また正倉院の三彩の復元にも成功しました。1995年に三彩の技術で無形文化財の認定を受けました。この鼠志野茶碗はやや大振りなので濃茶にも、また正客への薄茶にもご使用できます。加藤卓男の作品は大変人気があり、高額で取引されています。

価格 ¥120,000-

——————-商品番号 茶碗70————————————————————————————————

古信楽茶碗 銘「嵯峨野」mouse古信楽 茶碗 銘「嵯峨野」

合箱 仕覆   サイズ:口径 11.9センチ 高さ 7.3センチ 高台径 5.5センチ

状態:ひび欠けなく完品。経年による汚れあり。蓋裏に裏千家14代淡々斎の書付あり。

自然釉の景色が美しく、とても味わいのある古信楽の茶碗です。また、大きさもほど良く、女性の手に丁度良い作品です。裏千家14代家元、淡々斎によって「嵯峨野」という、この茶碗にぴったりな、まことに優雅な銘が付けられています。

価格 SOLDOUT

——————-商品番号 茶碗65————————————————————————————————

膳所焼 岩崎新定 金襴手 鳳凰文茶碗mouse膳所焼 岩崎新定 作 金襴手 鳳凰文茶碗

共箱    サイズ:口径 11.5センチ 高さ 7.7センチ 高台径 5.0センチ

状態:ひび欠けなく完品。高台内に「ぜぜ」の窯印あり。共箱蓋裏に表千家13世家元、即中斎の花押があります。

大きく羽ばたく鳳凰が金襴手で華やかに、見事に描かれています。この茶碗は平成の御大典を記念して作られたおめでたい茶碗です。共箱蓋裏に表千家13世即中斎の花押があり、表千家の初釜のお茶席に是非お使いください。

元和7年(1621年)膳所藩主となった菅沼定芳が、御用窯として始めたものを膳所焼(御庭焼)という。菅沼定芳は、寛永6年(1629年)御用窯を築き、本阿弥光悦・小堀遠州・松花堂昭乗との交友に影響を受け茶器を焼いたといわれています。寛永11年(1634年)新たに石川忠総が膳所藩主となり、忠総の実父大久保忠隣は、小堀遠州の師であった古田織部門下の大名茶人であり、忠総自身も小堀遠州と親交が深かったことから遠州の指導を受け茶器焼き物に力を注いだ。膳所焼は遠州七窯の一つとして評判を上げたが、膳所焼の隆盛は忠総治世時に留まり、慶安3年12月(1651年2月)忠総が死去し、慶安4年4月(1651年6月)後継の石川憲之が伊勢亀山藩に移封すると、膳所焼は徐々に衰退していった。膳所焼の廃絶を惜しんだ地元の岩崎健三が1919年(大正8年)、友人の画家山元春挙と組んで別邸に登り窯を築き、京都の陶工二代伊東陶山が技術的な指導を行い膳所焼の復興に生涯尽力した。健蔵の後、息子の岩崎新定に継承され、新生膳所焼は今日に至っています。

価格 ¥40,000-(売約済)

——————-商品番号 茶碗61————————————————————————————————

高麗 刷毛目茶碗mouse高麗 刷毛目茶碗

合箱    サイズ:口径 13.8~14.1センチ 高さ 7.1~7.6センチ 高台径 5.0センチ

状態:ひび欠けなく完品。

刷毛目茶碗(はけめちゃわん) とは、高麗茶碗の一種で、李朝初期15~16世紀の南鮮一帯、多くは全羅南道の務安や忠清南道公州郡の鶏龍山(けいりゅうざん)にて焼かれたとされています。刷毛目は、泥漿にした化粧土を、刷毛や藁を束ねたもので素地に塗り、塗り目の現われたものです。刷毛目茶碗の多くは、鉄分の多い鼠色の素地で、総釉で土見ずになっており、高台は竹の節となっています。李朝では一般庶民の白磁の使用が禁じられたため、白磁の代用として焼かれたと考えられています。この茶碗は藁を束ねた刷毛でリズム感よくダイナミックに化粧土が塗られており、これぞ刷毛目茶碗といった雰囲気の作品です。時代感もしっかりとあり、侘びたお茶席にぴったりの茶碗です。

価格 ¥40,000-

——————-商品番号 茶碗57————————————————————————————————

李朝 伊羅保茶碗Bmouse伊羅保茶碗 B

時代箱    サイズ:口径 14.5~15.5センチ 高さ 8.7センチ 高台径 5.0センチ

状態:ひび欠けなく完品。経年による汚れあり。

侘びた土味と薄掛けの釉薬が変化にとんだ景色を見せる伊羅保茶碗の優品です。大振り薄手でありながらしっかり焼しめられたこの茶碗は濃茶にも薄茶にも使えます。このような色調の茶碗はお茶の緑が大変映え、侘びたお茶会になります。

価格 ¥40,000-

——————-商品番号 茶碗53————————————————————————————————

富本憲吉 色絵金彩熨斗文 茶碗mouse富本憲吉 工房 色絵金彩束熨斗文 茶碗

共箱 共布 サイズ:口径 12.5センチ 高さ 6.5センチ 高台径 4.0センチ

状態:ひび欠けなく完品。内側に小さな辰砂色の点があります。富本憲吉工房の作品です。

昭和30年、富本憲吉が人間国宝に認定されたことを記念して日本橋高島屋で開催された記念展の時に販売された茶碗です。おめでたい熨斗文が描かれた華やかな茶碗なので新春のお茶席にお使いください。

価格 ¥50,000-

——————-商品番号 茶碗49————————————————————————————————

高麗粉引茶碗mouse高麗 粉引茶碗

合箱    サイズ:口径 11.9センチ 高さ 6.5センチ 高台径 4.9センチ

状態:高台に小さな欠けがあります。時代による汚れがあります。

有り余る時代色のある高麗粉引茶碗です。箱蓋裏に「桃山期の武将荒木村重が同類のもの千利休に伝えられ徳川家康の所蔵品となり俗に駿河御物となり尾州藩祖徳川義直が所有となって以来同家に秘蔵された茶碗ナリ 朝鮮高麗一品」と書付がありますが真偽のほどは不明です。しかしながらとても古く味わいがある茶碗です。品格があり、手の中に丁度収まる大きさなので正客の薄茶碗として使うのが良いでしょう。

価格 SOLDOUT

——————-商品番号 茶碗46————————————————————————————————

古唐津 刷毛目茶碗mouse古唐津 刷毛目茶碗

合箱 仕覆 サイズ:口径 15.4センチ 高さ 8.5センチ 高台径 5.5センチ

状態:口縁に1カ所朱漆で小さな直しがあります。数カ所薄いニュウがあります。

井戸茶碗を写した思われる姿で、竹節高台、兜金があります。時代の感じられる侘びた良い茶碗です。江戸期の作と思われ、塗の仕立ての良い箱に収まっています。大振りなので濃茶の席に使えます。

価格 ¥40,000-

 

——————-商品番号 茶碗35————————————————————————————————-

高麗青磁 三島茶碗mouse高麗青磁 三島茶碗

合箱    サイズ:口径 12.0センチ 高さ 6.7センチ 高台径 4.8センチ

状態:高台に砂が付着しています。全体的に古びた時代感があります。

李朝初期の高麗青磁三島手の茶碗です。可憐な花が象嵌され李朝時代の侘しさが感じられます。

価格 ¥25,000-

——————-商品番号 茶碗31————————————————————————————————-

高麗御本茶碗mouse高麗 御本茶碗

時代箱    サイズ:口径 12.0センチ 高さ 9.0センチ 高台径 5.7センチ

状態:ひび欠けなく完品。伝世品で時代の感じられる格調の高い箱に収納されています。

薄手でほんのりピンク掛かった上品な茶碗です。御本茶碗(ごほんちゃわん) とは、高麗茶碗の一種で17~18世紀にかけて日本からの注文で焼かれたものをいいます。御本の名前は、御手本の意で日本で作られた手本(茶碗の下絵や切り形)をもとに朝鮮で焼かれたことが由来です。また、これらの茶碗には、胎土の成分から淡い紅色の斑点があらわれることが多く、この斑点を御本または御本手(ごほんで)と呼ぶこともあります。この茶碗はいつの季節のお茶席にもお使いできます。

価格 ¥40,000-

——————-商品番号 茶碗19————————————————————————————————-

仁阿弥道八 黄瀬戸平茶碗mouse仁阿弥道八(二代高橋道八) 作 黄瀬戸平茶碗

合箱  サイズ:口径 15.0センチ 高さ 5.8センチ 高台径 5.3センチ

状態:口縁に金繕いがあります。その他ひび欠けは有りませんが石はぜが見られます。

仁阿弥道八(二代目高橋道八)の味わい深い侘びた茶碗です。初代・高橋道八の次男として生まれ、兄の早世により29歳で家督相続、京・五条坂に開窯。奥田頴川、宝山文蔵らのもとで修行を積み、青木木米らと共に京焼の名手として知られています。仁和寺宮より「仁」、醍醐寺三宝院宮より「阿弥」の号を賜り、出家名「仁阿弥」と称しています。目の粗い土に藁灰を掛けて焼いており、淡い黄色の色合いに石爆ぜが景色となっています。本来この茶碗は黄瀬戸ではありませんが黄瀬戸のような風合いなので黄瀬戸茶碗としました。夏から初秋のお茶席に適しています。

価格 ¥30,000-

——————-商品番号 茶碗12————————————————————————————————-

五朗大甫呉祥瑞造 祥瑞染付茶碗mouse明代 五朗大甫呉祥瑞造 祥瑞 茶碗

合箱  サイズ:口径 9.8センチ 高さ 7.3センチ 胴径 11センチ 高台径 7.8センチ

状態:ひび、欠けなく完品。

五良大甫呉祥瑞造(ごろたいほごしょんずい)の銘のある染付茶碗です。一般的に日本で言われる”祥瑞焼”の染付の器は、明末期に景徳鎮で焼かれ日本への輸出品だと言われています。これらの品の特徴はまず、最上質の呉須と精良な作り、絵付文様は強烈的な日本式美学が特色です。これらの品には「五良大甫呉祥瑞造」の染付銘があるから、日本では古くから、”祥瑞焼”と呼ばれています。「五良大甫呉祥瑞造」には諸説があり、祥瑞と呼ばれる品は中国にはほとんど見られず明清の歴史上、”祥瑞焼”という概念や、言葉もありません。また、これらの品は全部日本へ輸出されたので現在は中国国内にはなにも残っていません。日本での祥瑞写しには五良大甫呉祥瑞造の銘がよく見受けられます。本作品は器胎の土質から見て、また良質な呉須が使われていることから明代の作と思われます。この茶碗は、温かみの感じられる器と鮮やかな呉須による細密な絵付から、古き時代が感じられる貴重な名品です。

価格 ¥300,000-

——————-商品番号 茶碗10————————————————————————————————-

祥瑞捻花鳥文 茶碗mouse明代 五朗大甫呉祥瑞造 祥瑞捻花鳥文 茶碗

合箱  サイズ:口径 13.3センチ 高さ 7センチ 高台径 7.7センチ

状態:ひび、欠けなく完品。

本作品は器胎の土質から見て、また良質な呉須が使われていることから明代の作と思われます。この茶碗は、温かみの感じられる器と鮮やかな呉須による細密な絵付から、古き時代が感じられる貴重な名品です。また、当茶碗と同じ作品が「陶磁大系<44>古染付 祥瑞」に掲載されています。

価格 SOLDOUT

——————-商品番号 茶碗3————————————————————————————————–

江戸期 黄瀬戸 夏茶碗mouse江戸中期 黄瀬戸夏茶碗

識箱   サイズ:口径 14センチ 高さ 5.5センチ 高台径 5.5センチ

状態:ひび欠けなく完品です。瀬戸の陶祖12代加藤景秋の識箱で「江戸中期の大川窯発掘品」と箱書きされています。

黄瀬戸釉が淡く美しい黄色に発色し、この茶碗に薄茶を点てると深緑の抹茶が黄瀬戸の色に美しく映える逸品です。発掘品の割には釉薬のかせた所が見受けられず、窯から取り出したばかりのみずみずしさが感じられます。

価格 SOLDOUT

——————-商品番号 茶碗2————————————————————————————————–

明代 釉裏紅 茶碗mouse明代 釉裏紅茶碗

合箱    サイズ:口径 15センチ 高さ 6.7センチ 高台 5.5センチ

状態:口縁にわずかな直しがあります。その他はひび欠けは見当たりません。

赤紫に発色した見事な釉裏紅で花唐草が描かれています。釉裏紅は還元炎焼成によって赤く発色する銅の性質を利用して、透明釉の中に銅を含ませて赤い釉薬として用いたものを「辰砂釉」、そして、透明釉の下に銅を含む絵具によって文様をあらわしたものを「釉裏紅」と呼びます。「釉裏紅」については、その初源的なものは晩唐の五代時代(9~10世紀)にみられ、元時代後期(14世紀)になって景徳鎮窯で製作されました。しかし、銅は高温化では揮発しやすいので、文様が安定して表わされることが難しいため、17世紀後半以降は例外を除いて行われなくなります。日本では江戸時代の17世紀に伊万里焼がわずかながら試みていますが、焼造量は少なく遺品も希少です。この茶碗は土味から見て明代の景徳鎮の作品と思われます。

価格 ¥40,000-

——————————————————————————————————————————————-